AWS、「EC2-Classic」インスタンスを「VPC」と簡単にリンクできる新機能

Nick Heath (TechRepublic) 翻訳校正: 編集部

2015-01-13 11:14

 Amazon Web Services(AWS)は、新機能「ClassicLink」を導入した。ユーザーはこれを利用して、「Virtual Private Cloud(VPC)」内に存在するサーバやデータベースなどの各種リソースに、自分の「EC2-Classic」インスタンスをプライベートIPアドレスで簡単にリンクできる。

 AWSウェブサイトの説明によると、ClassicLinkはAWSマネジメントコンソールから簡単な操作で有効にでき、利用に際して追加料金は不要だ。また、ClassicLinkには「AWSコマンドラインインターフェイス」、「AWS Tools for Windows PowerShell」、「AWS SDK」からもアクセスできる。

 VPCは、ユーザーがAWSクラウドプラットフォーム上の論理的に分離されたセクション内で、自分の仮想マシンを運用するためのサービス。ユーザーはインスタンスの作成時にVPCを選択すると、IPアドレス範囲、ルーティング、サブネット、アクセスコントロールリストなどの各種ネットワーク構成を制御できる。また、拡張ネットワーキング機能や、2014年に導入された「T2」インスタンスなども利用できる。

 これまで、VPC内で実行されていないEC2-Classicインスタンスを、VPC内のAWSリソースとリンクさせるためには、パブリックIPアドレスかトンネリングを使用する必要があった。AWSエバンジェリストのJeff Barr氏によると、こうした従来のモデルは、高スループットと低レイテンシというインスタンス間通信の利点を活かせず、帯域幅料金の上昇を招いていたうえに、セキュリティ上の懸念も生じさせていた。しかしClassicLinkの導入により、たとえばユーザーはVPC内でのみ使用可能なRDS T2インスタンスを使用して、大量のトラフィックやクエリに十分対応できるコスト効率の高いDBインスタンスを起動できるようになるという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]