編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

セールスフォース、共同で「オープンデータアプリコンテスト」の一般公募を開始

NO BUDGET

2015-02-20 11:59

 セールスフォース・ドットコムは2月18日、総務省が実施する「ビッグデータの活用による路面管理の高度化の実証実験」で公開された公共データを活用したアプリケーションの開発を、一般公募により行う「オープンデータ・アプリコンテスト」の募集を開始したと発表した。

 公共データを活用したアプリケーションの開発と民間における公共データの活用を促進することを目的として、「ビッグデータの活用による路面管理の高度化の実証実験」を実施するアビームコンサルティングが主催し、JIPテクノサイエンスおよびセールスフォースと共同で開催するもの。

 なお、ビッグデータの活用による路面管理の高度化の実証実験は、総務省が2014年9月から3月まで実施しているもので、最新のICT技術を駆使し、路面管理の精度向上と低コスト化の可能性について検証している。このシステム基盤には、Salesforce1 Platformが採用されている。

 コンテストの概要は以下の通り。

  • 応募受付開始:2月13日(金)
  • 応募締め切り:2月27日(金)正午
  • 受賞者決定:3月13日(土)
  • 最優秀賞:1点(10万円分の商品券)
  • 主催:アビームコンサルティング
  • 共催:JIPテクノサイエンス、セールスフォース・ドットコム
  • 応募方法:ウェブサイトの応募フォームから応募

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]