編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
情報通信技術の新たな使い方

クルマの中におけるコミュニケーションの動向

菊地泰敏(ローランド・ベルガー)

2015-03-23 07:30

 連載第3回となる今回は、自動車とICTの関係について考えてみたい。

 自動車を取り巻く世界における通信・情報技術の利活用については広く知られており、例えばITS(Intelligent Transport System:高度道路交通システム)やETC(Electric Toll Collection)などは、耳に馴染んだ言葉だろう。

 特に、ETCに関してはおよそ90%の普及率(H24年国土交通省)と言われており、高速道路を利用する際の必需品ともいえる状況である。このETCにおいて、車載器とETCレーンとの間で5.8GHz帯の電波を利用していることも、当コラムの読者の皆様には比較的知れわたっていると思われる。

 VICS(Vehicle Information and Communication System)も、多くのカーナビに搭載されており、渋滞の回避などに役立っている。

 さらに、ADAS(Advanced Driver Assistance System)も、昨今急激に知名度を上げた概念だろう。ステレオカメラや76/77GHz帯のミリ波、24/25GHz帯の準ミリ波あるいは赤外線レーザを用いて、自動ブレーキや自動前車追従機能、レーン逸脱防止機能などが多くのクルマに搭載されつつある。スバル(富士重工)の「EyeSight」は、その普及の先駆けとなったと言えるだろう。

 このように、現在の自動車は、必ずしも社会システムと独立して動いているのではなく、いわゆる「つながるクルマ」であり、情報通信社会の一員としてさまざまなシステムとコミュニケーションを取りながら、エコシステムを形成しているのである。

 おそらく、多くの読者の方々にとって、この「つながるクルマ」には目新しさを感じることはないのではないかと思う。第1回第2回でも述べたとおり、あまり注目されないICTの利活用に光を当てるのがこの連載の趣旨であるため、少し長くなってしまったが、ここまでは前置きである。

 今回考えてみたいのは、車内LAN。「社内」LANではなく、「車内」である。

 すなわち、クルマと外とのコミュニケーションではなく、クルマの中におけるコミュニケーションの動向についてご紹介したい。

 前回の連載「通信のゆくえを追う」の 2013年11月の記事で、飛行機の中におけるWiFiを利用したインターネットについて考えてみた。

 そのときには意識していなかったのであるが、自動車の社内空間をWi-FiのHotSpot化するという動きが出てきた。

 もちろん、商用のバスサービスにおいては既に普及しているのであるが、個人のクルマの中の話である。

 例えば、パイオニアが開発した「ミラー型テレマティクス端末」は、ルームミラー(バックミラー)の形状のナビゲーションデバイスである。これは、NTTドコモの「デバイスプラス300」という通信サービスの利用に対応してしており、これによってインターネットへの接続が可能になる。

 それだけではなく、車内向けにWi-Fiアクセスポイントの機能を提供することができ、車内からタブレットやゲーム端末をWi-Fi経由でネット接続することが可能になるのである。

 さらに、ワイモバイルが発売した端末はそのものずばり「Car Wi-Fi」である。「シガーソケットに挿しこむだけで車内がWi-Fiスポットに!」という説明が付けられている。

 このような利用形態が普及するのかどうか、現時点では定かではないが、車内LANの世界はここまで迫っているのだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]