求められるマーケティング自動化

マーケティングオートメーションの導入--IT部門の役割とは - (page 3)

尾花 淳(2BC)

2015-03-18 07:00

 ここで重要なポイントがあります。従来型のITシステム導入においては、その多くの場合、「現行プロセス」が存在し、それを変革、改善する形でIT化が進められきました。しかし、このマーケティング領域においては、現行プロセスが存在しないケースが多々あるのです。

 正確にいうと、現行はマーケティングではない形で遂行されてきた内容、例えば、広告と流通向けの営業、営業担当者による個別活動などを、マーケティング施策というまるで新しいプロセスで実現することになるのです。もちろんそれらを100%代替するわけではないという意味においても、現行プロセスが存在しないと言えるでしょう。

 そのため、マーケティングオートメーションは、新しい業務プロセスのデザインとともに導入されることが多くなります。よって、「御社は、どのような業務にされることをお考えでしょうか。ご要件をお聞かせください」という(御用聞きのような)スタンスの導入支援ベンダーではなく、新しいプロセスを導入に際し、リーダーシップや実績がある会社を採用する方が失敗のリスクは減ります。選定の際、この「新しい業務プロセスを構築する力」の見極めもIT部門に期待されることの1つかもしれません。


 選定が終わるとシステムの構築フェーズに入りますが、これは、前述の(実行中に得られる結果によって適宜修正をかけていくといった)時間軸での作業となります。短い場合は数週間、長くても半年で1次カットオーバーに持っていくようなケースが大半になります。マーケティングオートメーションにおいては、いわゆるシステムの作り込みはあまり存在しません。

 初期のセットアップは、マーケティングオートメーションで使うドメインの設定、ウェブサイトのデザインに合わせたページテンプレートの準備、既存のウェブフォームの置き換え、活動の対象となる見込み客/既存顧客データの投入、SFAなど周辺システムとの連携、手動データ連携プロセスの設計などになります。

 加えて、マーケティングオートメーションならではの、スコアリングの設定や自動メール送信の設定などの作業も発生しますが、これらは、初期のみに実施することではなく、これらこそがマーケティングオートメーションを使っていくなかで定常的に必要なシステム操作です。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]