編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

3割がOSSを本番環境に利用、2割が導入を検討--IDC調査

山田竜司 (編集部)

2015-04-06 12:34

 IDC Japanは4月6日、企業のオープンソースソフトウェア(OSS)の利用実態調査の結果を発表した。自社の情報システムのOSS導入状況について、OSSを「本番環境で導入している」と回答した企業は31.5%、「試験的に導入している」は5.2%、「導入に向けて検証している」は4.1%、「これから導入を検討する」は10.0%という結果が出た。一方、「導入の予定はまったくない」は33.3%、「今後の予定は分からない」は12.1%だった。

 産業分野別にOSSの導入状況では、「本番環境で導入している」が30%を超えているのは、通信/情報(39.2%)、公共/公益(37.6%)、金融(35.4%)だった。さらに1次調査で、IT戦略におけるOSSの使用方針について質問した結果、「積極的に使用する」と回答した企業は12.1%、「適材適所で使用する」は31.3%と、計40%以上の企業がOSSの使用に対して前向きだった。一方、「明確な方針はない」が26.6%、「分からない」が9.4%と、OSSに対する方針が不明瞭な企業は約3分の1程度だった。

 2次調査で、OSSを使用している企業に対し、本番環境で利用しているOSSの種類を調査した結果は、Linuxが63.8%で最も高く、アプリケーションサーバのTomcat(39.5%)とJBoss(13.9%)、RDBMSのMySQL(26.5%)とPostgreSQL(13.3%)、運用管理のZABBIX(13.3%)、仮想化のXen(12.6%)とKVM(10.7%)、システムソフトウェアのSamba(29.1%)とOpenLDAP(15.5%)が利用率10%超という結果が出た。

 ビッグデータ関連ソフトウェアのHadoopやNoSQL、クラウド基盤ソフトウェアのOpenStackやCloudStack、仮想コンテナソフトウェアのDockerなどのOSSの利用率は低いものの、今後クラウドやモバイル、ソーシャルなど“第3のプラットフォーム”での活用が増すと予測している。

 IDCはOSSを利用する最大のメリットは、コスト削減や最新技術に加え、エコシステムを活用できることと指摘。特に第3のプラットフォームはOSSのエコシステムがけん引していると説明している。

 調査は、国内の企業および組織のIT部門を対象としたアンケート調査を1月に実施し、1次調査で1782社、2次調査で309社から有効回答を得た。


N=309(OSSを使用している企業が調査対象 複数回答) OSS使用企業における主なOSSの利用率(IDC調査) 

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]