編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

IBM、NASA主催ハッカソンの参加者にPaaS「Bluemix」を無償提供へ

Natalie Gagliordi CBSNews 翻訳校正: 編集部

2015-04-08 13:01

 IBMは、同社のクラウド開発プラットフォーム「IBM Bluemix」を人類の進歩のために捧げようとしているのかもしれない。

 米航空宇宙局(NASA)が主催する、イノベーションに向けたインキュベーションプログラムの一環である「International Space Apps Challenge」が米国時間4月10日に幕を開ける。

 このイベントは2日間にわたってコーディングを行うコーダソン(Code-a-thon)形式で開催され、世界各地から1万人以上の開発者や科学者、学生、起業家、教育者が参加する。そして参加者らは、宇宙空間や地球、人類、ロボット工学に関する35のテーマのなかから1つを選び、モバイルアプリやソフトウェア、ハードウェア、データの可視化プラットフォームを開発することになる。

 IBMはこのイベントの参加者が自らのアプリケーションをより迅速に作成、テスト、配備できるよう、IBM Bluemixへのアクセスを無償で提供し、「Watson Analytics」からIoTに至るまでの幅広いクラウド開発ツールを使用できるようにする。

 例えば、ロボット工学分野の「SENSOR YOURSELF」(センサを利用した障害物回避)と銘打たれたテーマに取り組む参加者は、IBMのIoTサービスを使用してアプリケーションを構築できる。そして、そのアプリケーションと、IBM Bluemixを介したアナリティクスサービスを用いて、センサデータを分析し、ロボットのシミュレータ等が利用できるようにするというわけだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]