編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら
今週の明言

グローバルなオープン教育「Curriki」が日本で本格始動

松岡功

2015-04-10 12:00

 本連載「松岡功の『今週の明言』」では毎週、ICT業界のキーパーソンたちが記者会見やイベントなどで明言した言葉をいくつか取り上げ、その意味や背景などを解説している。

 今回は、米CurrikiのKim Jones 会長兼最高経営責任者(CEO)と、米Check Point Software TechnologiesのSteve McWhirter バイスプレジデントの発言を紹介する。


米Curriki 会長兼CEO Kim Jones氏

「インターネットを活用したオープンな教育の仕組みを日本でも広げたい」
(米Curriki Kim Jones 会長兼CEO)

 世界192カ国において、幼稚園から高校生向けの各種学習教材を、インターネット経由で無償提供している非営利団体(NPO)の米Curriki会長兼CEOを務める Kim Jones氏がこのほど来日し、筆者の取材に応じた。同氏の冒頭の発言は、Currikiの活動を日本でも普及させたいとの意欲を語ったものである。

 Curriki(カリキ)は「Curriculum」と「Wiki」を合わせた造語で、まさしくカリキュラムをウィキペディアのように、いつでもどこでも誰でもオープンに使えるようにしたユニークな教育の仕組みである。インターネットを活用することで、世界各地の教育現場の環境が異なっていても良質の教材を入手でき、誰もが同じように学習できるようにしようというのが目的だ。

 Jones氏によると、現時点でCurrikiのサイトには6万以上の教材が揃っており、教員や生徒、その両親を合わせて約1160万人が利用しているという。教材は、教員などが制作したものを無償でCurrikiに提供。幅広い分野にわたっているが、特に数学、英語、科学技術分野の利用頻度が高いそうだ。

 Currikiは2006年に、米Sun Microsystems(後に米Oracleが買収)の共同創業者であるScott McNealy氏の支援によって設立され、当時Sunの教育向け事業の責任者を務めていたJones氏が代表となって今日まで活動を続けてきている。

 事業モデルとしては、世界各地の教育機関や企業などと協業し、各地の言語や教育現場のニーズに対応しながらCurrikiの教材を生かしていく形だ。日本でも昨年、早稲田大学が中心となって日本支部が設けられ、ローカライズが進められている。また、日本サード・パーティ(JTP)などの企業も支援し、まさに本格始動した格好だ。

 Jones氏が今回来日したのも、こうした日本での活動を一層推進するためだ。4月8日には、新経済連盟が都内ホテルで開催した「新経済サミット2015」でも、「変わる学び方・教え方、変わる教育シーン」と題したセッションに登壇してスピーチを行った。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]