編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

クラウドはニューノーマル--AWS Summit Tokyo 2015

三浦優子

2015-06-05 07:00

アマゾンデータ サービスジャパン株式会社 代表取締役社長 長崎忠雄氏
アマゾンデータ サービスジャパン株式会社 代表取締役社長 長崎忠雄氏

 6月2日と3日に開催された「AWS Summit Tokyo 2015」で、1日目のキーノートとして日本法人アマゾンデータサービスジャパン株式会社の代表取締役社長を務める長崎忠雄氏が基調講演に立った。

 長崎氏は「クラウドはもはやニューノーマルになった」と指摘。クラウドが特別なのではなく、企業にとって当たり前のインフラになったと説明しながら、ゲストスピーカーを交えて8つのトピックからAWSの現状を伝えた。

 また、「Amazon EC2」のためのフルマネージド型ファイルシステム「Amazon Elastic File System(EMS)」を夏に提供開始すると発表している。

 講演の冒頭、長崎氏はAmazonを創業する前にJeff Bezos氏がナプキンに書いたという、伝説のAmazonのビジネスモデル図を紹介。


 「この図はAmazonの原点といえるものだが、実はAWSも全く同じビジネスモデルを取っている。トラフィック量が増えるとセラー(売り手)が集まり、お客さまの選択肢が増える。選択肢が増えることでトラフィック量が増えるという循環を作る。さらに重要なのは、低価格体質を徹底することだ。低価格戦略によって多くの顧客が集まり、結果として利益が増え、それが次の投資につながる。また、顧客に利益を還元できる。AWSはサービス開始から現在までに48回の値下げを実施した。さらに、徹底したスケール、イノベーション、スピードの追求を続けている」(長崎氏)

 またAWSを開始した目的を「クラウドが作りたくてやっているわけではない。Amazonのビジネス課題を解決するために誕生したのがAWS」と説明。

 エンジニアが本来の目的であるビジネス拡大のためのではなく、インフラ管理のための仕事に追われている現状を回避するために、「インフラ管理をソフトウェア化することで、エンジニアは本来の目的であるビジネスを成長させるための業務に専念することができるようになった」とAmazon自身がユーザーとしてAWSを活用していると説明した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]