編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」

クラウドはニューノーマル--AWS Summit Tokyo 2015 - (page 2)

三浦優子

2015-06-05 07:00

 2006年、「Amazon S3」からサービスをスタートしたAWSは現在世界に11リージョン、53のエッジロケーションを持つ。Amazon S3のデータ通信量は2014年で102%の年間成長率で、Amazon EC2の利用量は93%の年間成長となっている。

 ここ数年、大きな変化として、「3年から5年前にはクラウドに興味を示さなかったお客さまから、クラウドを動かしたいのだがという相談を受けるケースが多くなっている。クラウドは、企業規模を問わず、広いユーザーがリーチできる当たり前のソリューションになっている」とクラウドが特別な企業が利用するものではなく、当たり前のインフラになっていると強調した。

株式会社クラウドワークス 代表取締役社長 兼 CEO 吉田浩一郎氏
株式会社クラウドワークス 代表取締役社長 兼 CEO 吉田浩一郎氏

 この変化を示すものとして8つのAWS利用パターンを紹介した。1つ目を示す言葉は「すべてのアプリケーションをクラウドで」。

 多く登場しているケースとしては、スタートアップ企業のビジネス開発のためにAWSの活用。「やりたいことを実現するインフラを、即AWSで手に入れることができる。しかも、予算が限られているスタートアップ企業にとってできるだけ安く、トライ&エラーを実行するスピードを手に入れることができる」とメリットを説明した。

株式会社リクルートテクノロジーズ代表取締役社長 中尾隆一郎氏
株式会社リクルートテクノロジーズ 代表取締役社長 中尾隆一郎氏

 ユーザーの例として、クラウドワークスの代表取締役社長兼最高経営責任者(CEO)である吉田浩一郎氏が登壇。AWSのCloud=雲ではなく、群衆を意味するCROWDによる新しいビジネスモデルを実践する同社にはAWSが不可欠であるとアピールした。

 2つ目の利用パターンは「クラウドなしで競争に勝つことはますます困難に」というもの。クラウドを活用することで、初期投資は低額で無駄のないものとなり、機能の更新、新機能が即利用可能といったメリットがある。

 ユーザーとしてリクルートテクノロジーズの代表取締役社長である中尾隆一郎氏が登場し、「トラフィック予測がつくものはオンプレを利用するが、予測できないもの、予測することに意味がないものはAWSを利用する」と説明した。瞬時にアクセスが上昇するキャンペーンや、大量の利用者にアプリのプッシュを送るといったスピード、フレキシビリティ、ファンクショナリティが必要な場合がAWS利用に適している例だとした。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]