編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

オラクルの第4四半期決算、5%減収--ドル高とソフトウェア不振が響く

Rachel King (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-06-18 10:30

 Oracleが米国時間6月17日に発表した最新の決算報告は、強いドルの影響を受け予想を下回る内容となった。

 Oracleの2015会計年度第4四半期決算は、純利益28億ドル、1株あたり利益は78セントとなり、売上高は107億ドルとなった。

 金融アナリストの予想は1株あたり利益87セント、売上高は109億5000万ドルだった。

 これは前年同期比の5%減となるが、Oracleはドル高がなければ3%増だったとしている。

 それでも、新規ソフトウェアライセンス売り上げは前年同期から17%減少しており、これが原因としてもっと注目されてもよいだろう。ソフトウェアとクラウドの売上高は合計で84億ドルに達した。これは前年同期比6%減だが、恒常通貨ベースでは2%の成長だったという。

 Oracleはこのところクラウドの強調に多くの時間を割いている。Oracleによると今四半期、新たに1217のSaaS顧客を獲得したという。

 今期の報告書でOracleの最高技術責任者(CTO)、Larry Ellison氏は、2015年度にSaaSとPaaSで新たに15億ドルから20億ドルの売り上げを獲得する目標を改めて掲げている。これによりライバルのSalesforce.comをおさえて市場を制覇することを狙う。

 最高経営責任者(CEO)のMark Hurd氏は「われわれのクラウド事業はすでに数十億単位に達しており、さらに成長を遂げることができた。SaaSとPaaSの売り上げは、恒常通貨ベースなら最大で60%増となっていた。クラウドでの主要な競合他社と比較すると、他社の売り上げはそれぞれ44%、22%減少する予想だ」と述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]