編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

資生堂、デジタルマーケティング基盤を本格稼働へ--LINEとメールを活用

NO BUDGET

2015-07-02 17:30

 資生堂は、同社が運営する総合美容ウェブサービス「ワタシプラス(watashi+)」でデジタルマーケティングプラットフォームを導入した。7月にも本番稼働を予定している。会員と1対1でつながり、メールとLINEでのワントゥワンマーケティングを実現するという。セールスフォース・ドットコムが7月2日に発表した。

 「Salesforce Marketing Cloud」を導入した。メールやソーシャルメディアなどの各種チャネルによる顧客データを単一のプラットフォームで一元管理し、顧客一人ひとりに最適化したワントゥワンカスタマージャーニーを展開できるという。

 資生堂は以前からデジタルマーケティングに積極的に取り組んでおり、200万人を超えるワタシプラス会員に対してメールを通じてのコミュニケーションを図っている。LINE公式アカウントの「友だち」数は1600万を超え、年々増加している。

 今回の導入で資生堂ではメールだけでなく「LINE ビジネスコネクト」を活用したLINE経由のコミュニケーションも可能になり、一人ひとりにあったコンテンツを最適なタイミングとチャネルで提供できるという。ワタシプラスの新規会員登録、試供品や商品の購入、購入以外の顧客の行動などを時系列で可視化し、顧客をワントゥワンカスタマージャーニーに導き、顧客との信頼関係を構築していくとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]