谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」

IoTビジネスの成功要因はドメインやモノのノウハウ

谷川耕一 2015年07月31日 11時41分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

業種業態ごとのドメインを理解しているか

 モノのインターネット(IoT)と言うとテクノロジの話が先行する。センサとクラウドをどうつなげばいいのか。つないだ際のセキュリティはどうするのか。センサなどから得られる膨大なデータを効率的に集め、集まったビッグデータの分析はどうすればいいのか。


日本IBM ソフトウェア事業部 技術理事 兼 グローバル・エレクトロニクス・インダストリー CTO 山本 宏氏

 IoTを実現するにはこれら技術要素は不可欠だ。しかし「IoTのビジネス」と考えた場合はどうだろう。これらは必要条件ではあるが十分条件ではない。IoTのビジネスの成功要因はどこにあるのか、日本IBM ソフトウェア事業部 技術理事でグローバル・エレクトロニクス・インダストリー最高技術責任者(CTO)の山本宏氏は、各業種業態のドメインやノウハウこそが重要だと言う。

 エネルギー、メディカル、自動車、さらには各種製造業など、それぞれでビジネスのユースケースや商流、レギュレーションは異なる。そういう違いを理解した上で、現状のビジネスのやり方とIoT導入後のビジネスのやり方がどう変化し、どのような価値が生まれるかを想像できるか。IoTを導入したならば、どの業種業態でも一様な変化をするわけではない。ドメインごとに変化は異なり生まれる価値も変わる。ドメインの違いが分かっていないと、IoTのビジネスで起こすべき変革を考えられないのだ。

 ドメインの違いを理解しドメインごとにビジネスをサポートするノウハウがあることに加え、デバイス、つまりは「モノ」そのものに関するノウハウも必要だ。モノをサイバー空間とつなげることで何が変わるのか。モノの特性を理解していないと、新たな価値は考えられない。

 ドメインとモノに対するノウハウがあり、その上で必要となるのがアナリティクスだ。「IoTのビジネスで成功するには、これら3つの融合が重要です」と山本氏。現時点でこれら3つを融合できているのは、日本であれば日立製作所、米国であればGE、欧州ではSiemensのような企業だろう。そういった企業が今、Industrie 4.0やIndustrial Internetと呼ばれる「モノとサイバースペースの連携」のところでリーダーシップをとろうとしている。

Industrie 4.0でつながればビジネスチャンスは広がり新たな競争も始まる

 製造業におけるIoTの活用、それによるビジネスの変革。IoTの活用とは言うものの、実際は“Intranet of Things”とでも言うべき技術でつなぐ工場内の最適化も多い。それとは別に、工場外も含めた広い世界の最適化もある。後者で利用するのが本来の意味での「Internet of Things」であり、シスコシステムズなら「Internet of Everything」と呼ぶだろう。

 メディアなどでも注目されているのは後者だろう。前者をスマートファクトリから始まる狭義のIndustrie 4.0と捉えることもできる。もちろんIndustrie 4.0を、後者を含めた大きな概念で捉える場合もある。

 つまり、IoTの世界とIndustrie 4.0の世界は完全にイコールではない。Industrie 4.0でつなぐ部分は、すべてがIoTではないのだ。IoTの大きな枠組みの中にIndustrie 4.0が含まれるとの考え方もあるが、そうではなく、両者は重なる部分がある。IoTのほうがドメイン的には大きいのは間違いないだろう。考え方としては、IoTはプロセスというよりはデータ中心のソリューションだ。一方Industrie 4.0は、データを活用するがそれだけではない。

 エンジニアリング(あるいはエンタープライズITシステム)とマニュファクチャリング(製造)との間にはギャップがある。このギャップを埋めるのは、IoTではなく基本的にはインテグレーションだ。インテグレーションで徹底してこのギャップを埋めると、製造のリードタイムなどが短くなるといったメリットが生まれる。ただし、徹底して埋めようとすればするほど、コストが高くなるデメリットも出てくる。なので、Industrie 4.0では標準化しコストをあまりかけずにギャップを埋められるようにしているわけだ。これは、日本の製造業ならこれまではすり合わせでやってきたことがデジタル化すると考えれば分かりやすいかもしれない。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]