編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

マイクロソフトとセールスフォース、提携をさらに強化--製品統合の計画など発表

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-09-17 10:37

 MicrosoftとSalesforce.comは米国時間9月16日、サンフランシスコで開催中の「Dreamforce 2015」カンファレンスにおいて、さらに多くの両社製品を統合していくと発表した。

 Saleforce.comとMicrosoftは2014年5月にグローバルな戦略的提携を発表している。そして10月の「Dreamforce 2014」カンファレンスにおいて両社は、さまざまなSalesforceアプリを、Microsoftの「Office」アプリやビジネスインテリジェンス(BI)プラットフォーム「Power BI」に統合するソリューションを発表していた。

 16日の発表で両社は、「Outlook 2013」や「Office 365」と連携する「Salesforce App for Outlook」と、「Salesforce1 Mobile App for Office」の2製品の一般提供開始を発表した。


 両社はまた、Salesforce.comが自社のさまざまな製品にもたらそうとしている新たなユーザーインターフェース「Salesforce Lightning Experience」を、「Skype for Business」および「Microsoft OneNote」に統合するとも発表した。さらに両社は、「Office Graph」と「Office Delve」をSalesforceのコンテンツと統合する計画も明らかにした。これらの新製品は2016年下半期にリリースされる予定だ。

 Salesforce.comによると、「Windows 10」に対応した「Salesforce1 Mobile」アプリも2016年下半期にリリースするという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]