編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」
米ZDNet編集長Larryの独り言

EMC買収で巨大化するデル--その狙いと今後の課題 - (page 4)

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2015-10-15 06:00

今後についての疑問

 EMCとDellの相性は、表面的には極めてよいと言える。営業部門は大部分において相補的であり、製品ラインもうまくかみ合っている。このため、企業の導入に耐えられる完全なスタックが提供されるのは間違いない。唯一足りないパーツとしてネットワーク関連があるものの、VMwareにおけるソフトウェア定義ネットワーク(SDN)に向けた取り組みによって、この状況が変化することも考えられる。

 また、EMCのVCEコンバージドインフラのパートナーには依然としてCisco Systemsが含まれている。Ciscoは今後もパートナーとして残り続けるだろう。

 Tucci氏は電話会議のなかで、この合併は「歴史的」だと述べた。Tucci氏の見解が適切であるかどうかは、合併後の企業が以下の疑問に対してどのように取り組んでいくのかにかかっている。

  • EMCとDellはハイパースケールクラウドのプロバイダーとどのように戦っていくのだろうか?EMCとDellは企業が導入したいと考えるクラウド関連の要素すべてを販売することができる。しかし、企業が自社インフラを構築したいと考えるかどうかは未知数だ。また、EMCとDellはAmazonやGoogle、Microsoftといった競合と戦う必要がある。Credit Suisseの見積もりでは、Amazon Web Services(AWS)が売上高を1ドル増やすたびに、既存のITベンダーの売上高が4ドル減ることになるという。

  • 説得力は増すのだろうか?EMCにおける最大の問題は、企業連合というアプローチがややこしく、構成企業が一枚岩のように動けるかどうかが不明だという点にあった。VMwareが独立を貫き、Pivotalが現状通りの操業を継続し、EMCがマサチューセッツ州に拠点を置き続けるのであれば、EMCという企業連合は看板をDellに架け替えただけにしか見えないだろう。
  • 製品計画のそりは合うが、営業部門のそりは合うのだろうか?企業顧客はDellとEMCの双方の営業担当者と会計担当者とやり取りすることになるだろう。こういったやり取りがどの程度になるのかが問題だ。幹部らは売上高に対する相乗効果が10億ドルに達し得るとコメントしている。
  • VMwareは独立した企業として扱われるのだろうか?VMwareの株式は、合併したDellとEMCの子会社連動株式となるが、そのエコシステムに影響が波及する可能性もある。EMCが手がける分野はサーバではなくストレージであるため、同社がVMwareを所有していたとしてもCiscoやHP、Lenovoといった企業にとって心配の必要はなかった。しかし、Dellは大手のサーバ企業であり、VMwareのパートナーと競合する関係にある。
  • この買収は本当に実現するのだろうか?EMCには、Go-Shop条項に基づいて60日の猶予期間が与えられている。つまりEMCは、Dellよりも良い条件を提示する買い手を2カ月かけて探すことができる。Ciscoが買い手として名乗りを上げる可能性もある。これほど規模の大きな買収案件を白紙に戻せる企業の数はそう多くない。しかし、不確定要素の雲が深く垂れ込めている状態だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]