編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら
Oracle OpenWorld

クラウドでIBMとSAPは敵ではない--米オラクルのエリソンCTO

末岡洋子

2015-10-26 17:19

 米Oracleは10月25日、米サンフランシスコで年次カンファレンス「Oracle Open World 2015」を開幕した。同日の夕方には経営執行役会長兼CTO(最高技術責任者)のLarry Ellison氏が基調講演に登場し、Oracleのクラウド戦略について語った。

 Ellison氏はこれまでの宿敵IBMとSAPは「クラウドでは敵ではない」とし、クラウドがベンダーの新旧交代をもたらしていることを印象付けた。では、Oracleはどう戦うのか? 6つのポイントから説明した。

 IT業界屈指のイベントであるOracle Open World。今年は141カ国から6万人が参加、モスコーニセンターを中心にサンフランシスコ市内の18箇所で2500以上のセッションが開かれる。

 25日夕方にスタートしたEllison氏のスピーチは、このところのOracleのフォーカスであるクラウドの話が中心となった。


経営執行役会長兼CTO(最高技術責任者)のLarry Ellison氏

なぜOracleはSaaS、PaaS、IaaSをそろえるに至ったのか

 Oracleはオンプレミスの世界で現在の地位を築き上げたソフトウェアベンダーで、Ellisonは一時期「クラウドはハイプ」と言ったこともあった。しかし数年前からクラウド強化にシフトしており、2014年のOracle Open WorldからIaaS、SaaS、PaaSと3種類のクラウド戦略を本格的にプッシュしている。

 その経緯についてEllisonは、10年前の「Fusion」にさかのぼって話した。「クラウドに載せるにあたって、オンプレミスとクラウドが同じソースコードが動く必要があると気がつき」、Fusion Middlewareプロジェクトをスタート。すると「データベースそのものも、クラウドではマルチテナントなどまったく違う要件になる」と気がついたという。

 つまり、SaaSを進めるにあたって、拡張のための基盤、アプリ統合のための基盤が必要になることから、PaaSが必要と気がついたのだという。10年前といえば、Amazon Web Servicesが「Amazon EC2」を開始した年だ。

 このようにしてSaaSからPaaSへと拡大したところ、今度はIaaSが必要と気づいた。Oracleのデータベースをクラウドで利用する顧客は、OracleのSaaSだけのためにPaaSを利用するのではなく、既存のアプリも動かしたい、Java以外の言語やNode.jsなどの技術も利用したいというニーズがあるためだ。そこでIaaSにも広げることにした。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]