Node.jsを活用--日本IBM、スタートアップ企業とAPIで連携するためのサービス

日川佳三 2015年11月13日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本IBMは11月12日、スタートアップ企業と連携して新しいビジネスを実現したい企業に向けたシステム構築(SI)サービス「APIクイック・スタート・プログラム」を開始した。自社で開発したシステム機能をウェブAPIとして公開し、これをスタートアップ企業に使ってもらえるようにする。APIの実装は有償だが、API開発のブリーフィングとワークショップは無償で提供する。

 これにあわせて、既存のAPI管理製品「IBM API Management」を無償で提供する施策も同日付けで開始した。API中継ゲートウェイにAPI管理機能を追加したもので、APIを中継して安全に公開したり、ウェブAPIのプロトコルや形式を変換したり、カタログ化して使いやすくしたりする。ゲートウェイ製品「IBM DataPower Gateway」の仮想アプライアンス版とAPI Managementを開発者向けに1年間に限って無償で提供する。

 直近の9月10日には、APIを開発しやすくする方策として、Node.jsや周辺フレームワークを開発しているStrongLoopの買収を発表済み(買収完了はまだ)。9月22日には新製品として、Node.js用のソフトウェア開発キット(SDK)製品「IBM SDK for Node.js V1.2」も発表している。Node.jsはアプリケーションサーバ側で動作するJavaScript実行環境であり、これを使えばJavaScriptを使って簡単にAPIを実装できる。

スタートアップ企業にAPIを使ってもらう

 日本IBMが企業のAPI開発を支援する背景には、ビジネス環境の変化がある。これまで競合ではなかった異業種の会社が突然競合になって猛威を振るう、といった現象が普通に起こり得るからだ。従来は特定の会社との間でピアトゥピアでシステム連携していたが、今後はウェブAPIを公開した連携が望ましい(図1)。

優れたAPIを公開すればスタートアップ企業と組める
優れたAPIを公開すればスタートアップ企業と組める
渡辺公成氏
日本IBM 執行役員 IBMシステムズ・ソフトウェア事業部長 渡辺公成氏

 「欧米は以前から、サービス提供者側のSOA(サービス指向アーキテクチャ)化が進んでいる。日本はまだだ」と執行役員 IBMシステムズ・ソフトウェア事業部長の渡辺公成氏は指摘する。SOAが流行した当時(Java、SOAP)よりも軽量なウェブAPI開発(主にNode.jsによるREST API)を支援することで主にスタートアップ企業との連携につなげる狙いだ。

 国内企業でAPIを公開している企業の例として渡辺氏は、デジタルポストを紹介した。同社は、業務システムに印刷郵送機能を付加するAPIを公開している。業務システムからウェブAPIを利用すると(業務システムにAPIを組み込むと)、デジタルポスト側で印刷データを印刷して郵送する。

API開発のブリーフィングやワークショップを無償で提供

 今回、API開発を支援する施策として(1)APIクイック・スタート・プログラム、(2)IBM API Managementの無償提供、(3)Node.jsによるウェブAPI開発支援――という3つが整ったことになる(図2)。

API開発を支援する3つの施策を揃えた
図2:API開発を支援する3つの施策を揃えた。(1)API開発プロジェクトの支援、(2)APIを安全かつ利用しやすい形で公開するAPI管理ツールの無償提供、(3)APIをJavaScriptで簡単に実装するためのNode.jsの提供

 (1)のAPIクイック・スタート・プログラムは、APIとエコシステムへの理解を深める「ブリーフィング」(2時間、無償)、ビジネスとITの両面からAPI開発の進め方を検討する「ワークショップ」(ビジネス担当者向けとIT担当者向けがあり、それぞれ1日間、無償)、定義したAPIを実際にシステムとして実装する「デリバリー」(有償)で構成する(図3)。

APIクイック・スタート・プログラムのメニュー構成
図3:APIクイック・スタート・プログラムのメニュー構成

 (2)のAPI Managementは、今回無償での提供を始めた既存のAPI管理ツールだ。ウェブAPIのアクセスを中継するゲートウェイ機能をベースに各種の管理機能を付与している。ウェブAPIアクセスのセキュリティ(暗号化、メッセージの検証、不正な攻撃のブロック)、SOAPとRESTの変換といったプロトコル、メッセージ形式の変換、APIを利用しやすくするためのカタログ化、複数のAPIを組み合わせて新たな上位のAPIを設計して公開などの機能を利用できる。

 (3)のNode.jsによるAPI作成支援では、StrongLoopの買収でNode.jsを利用しやすい体制を整えた。企業システム向けの開発フレームワークを持つほか、開発生産性を高めるGUIベースの開発ツール(開発、テスト、実装、バージョン管理)を利用できる。IBMによるSDKは、素のNode.jsに対してRAS(信頼性、可用性、保守性)を追加しているという。メインフレームを含むマルチプラットフォームでNode.jsを利用できる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]