編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

インフォテリア、米データ接続ドライバ企業と提携--ASTERIA接続先が60以上増加

日川佳三

2016-03-29 12:14

 インフォテリアは3月28日、異なるシステム同士をデータ連携させるソフト「ASTERIA WARP」(関連記事)の強化策として、データ接続ドライバソフト「CData JDBC Drivers」を開発している米CData Softwareとの事業提携を発表した。CData JDBC Driversを使うと、ASTERIA WARPから接続できるシステムが一気に60種類以上増える。

 提携ではまず、CData Softwareの日本法人「CData Software Japan」(宮城県仙台市)を5月に共同で設立する。資本金は1000万円で、出資比率は非公開。日本法人は、国内でのマーケティング活動のほか日本独自のドライバ開発などを予定する。

 提携ではさらに、CData Software製品のOEM(相手先ブランドによる生産)供給を受け、ASTERIA WARPのオプション製品として自社ブランド名で販売する。インフォテリアは、日本法人を設立する5月頃にOEM製品の製品名や出荷時期などを発表する。

 インフォテリアにとっての事業提携のメリットは、ASTERIA WARPとCData Software製品を組み合わせることでASTERIA WARPから接続できるシステムを60以上一気に増やせること。インフォテリア代表取締役社長の平野洋一郎氏は、「接続できるシステムが増えれば増えるだけ、ASTERIA WARPの価値が高まる」と、その意味を説明する。

 CData Software製品によって接続できるようになるシステムの例として、顧客情報管理システム(CRM)やマーケティングのSugarCRMやGoogle Analytics、統合基幹業務システム(ERP)のDymanics AXやNetSuite ERP、グループウェアのExchange ServerやOffice 365、ビッグデータ用データベースのBigQueryやApache Cassandra、SNSのTwitterやFacebookなどがある。

60種類のデータソースに接続できるJDBCドライバ

 ASTERIA WARPは、異なるシステム同士をノンプログラミングでデータ連携させられるツール。各種アダプタを介して業務ソフトやデータベースに接続し、これらのデータをルールに基づいて変換し、外部システムに引き渡す。こうしたジョブフローを定義して実行できる。特徴の1つは、アダプタによってさまざまなデータに接続できること。

CDataが提供するデータソース CDataが提供するデータソース(インフォテリア提供)
※クリックすると拡大画像が見られます

 一方のCData JDBC Driversは、アクセス手段やデータ形式がそれぞれ異なるさまざまなシステムに対して、データベースとしてアクセスできるようにするデータ接続ドライバソフト。例えば、XML/JSONなどのデータ形式を扱いやすいテーブル形式に変換する。60種類を超えるデータソースに、ODBC/JDBC/ADO.NET各種のアクセス手段でアクセスできるようにしている。

 ASTERIAはもともと、デザイナ画面から任意のJDBCドライバを登録して使うことができる。このため、CData JDBC Driversを組み合わせるだけでさまざまなシステムに対してJDBCを介してデータベースとしてアクセスできる。

 今回インフォテリアは、CData JDBC DriversをASTERIA WARPのオプション製品として組み入れるにあたって、デザイナ画面で使えるアイコンを用意するなど、使い勝手を高めるとしている。また、JDBCドライバだけでなく、ASTERIA WARP専用のドライバも開発して提供する予定。

 CData JDBC Driversは、2015年から日本国内の販売代理店を介して提供している。販売代理店は現在2社で、グレープシティ(宮城県仙台市)とコンポーネントソース(東京都千代田区)。日本国内でのOEM供給は今回のインフォテリアが初めて。

(左から)CData Software Japan 代表取締役 疋田圭介氏、CData Software プレジデント Gent Hito氏、インフォテリア 代表取締役社長 平野洋一郎氏、インフォテリア ASTERIA事業本部長 熊谷晋氏
(左から)CData Software Japan 代表取締役 疋田圭介氏、CData Software プレジデント Gent Hito氏、インフォテリア 代表取締役社長 平野洋一郎氏、インフォテリア ASTERIA事業本部長 熊谷晋氏

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]