編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

三井物産、全世界約130拠点に統一された情報通信基盤を提供

NO BUDGET

2016-04-13 08:20

 三井物産は、パートナー企業や新たなM&A会社との連携強化を進めるともに、新技術の積極活用を通じ、競争力強化や新ビジネス創出に向けたさらなる挑戦を図るべく、グローバル共通となる情報通信基盤の刷新を開始した。情報通信基盤を提供するNTTコミュニケーションズ(NTT Com)が4月12日、発表した。

三井物産の次期グローバル情報通信基盤のイメージ(NTT Com提供)
三井物産の次期グローバル情報通信基盤のイメージ(NTT Com提供)

 三井物産の新たなグローバル通信基盤は、グローバルシームレスサービスとしてNTT Comが提供する三井物産の欧米、APAC拠点向けのインターネットゲートウェイにおけるNFV機能「Arcstar Universal One」、クラウドの「Enterprise Cloud」、データセンターの「Nexcenter」、マネジメントやサポートの「Global Management One」、メール機能として日本マイクロソフトの「Exchange Server」で構成する。

 NTT Comは三井物産に対し、この新たな情報通信基盤上で、各種システム・サービスの活用、グループ内のコミュニケーション、同一セキュリティレベル下でのインターネット接続を順次開始し、9月までにグループの全世界約130拠点に提供していく。

 またNTT Comでは、この基盤の提供を契機に、三井物産の次世代を見据えたイノベーションへの取り組みを支えることに加え、クラウドやIoTの分野におけるデジタル技術を活用した事業革新・新事業創出を図るため、今後順次具体的な事業提携を推進していくとしている。

 三井物産の次期グローバル情報通信基盤の特徴は以下の通り。

グローバルなカバレッジにより三井物産の全世界約130拠点をカバー

 全世界196か国のカバレッジを持つArcstar Universal Oneにより、三井物産のグローバル拠点をカバーし、グローバルなビジネス活動・事業継続性の確保を実現する。

グローバルに統合・標準化されたICTサービス

 Arcstar Universal One、Enterprise Cloud、Nexcenter、Global Management Oneなど、NTT Comが全世界で標準化したICTサービスを導入。また、一部にNFVを導入することにより、ネットワーク機器の機能をクラウド型サービスに転換し、ビジネスの拡大に柔軟に対応できる機動力・迅速力を実現する。

グローバルヘルプデスクサービス

 NTT Comが提供するグローバル情報通信基盤の保守運用を一元的に担い、本情報通信基盤部分に関する世界各国の三井物産のIT担当者をサポートするグローバルヘルプデスクサービスを実現する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]