編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

MS、SMB向けビジネス管理サービス「Madeira」のパブリックプレビューを米国で公開

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-04-15 10:43

 MicrosoftがSMB向けのビジネス管理ソリューション「Project Madeira」を発表した。

 だがMadieraは、われわれのようにMicrosoftのERP製品に注目している人の多くが予想していたERPとは少し異なる。

 2015年より「Dynamics ERP」ウォッチャーの多くが、「Madeira」というコード名を次期「Dynamics NAV」と同義のものとして使ってきた。Dynamics NAVはMicrosoftの4種類のERP製品ファミリの1種で、中小企業向けのソリューションだ。

 Microsoftは数日前にプレビューの形で「Windows」「iOS」「Android」向けに米国でMadeiraアプリを公開したが、これは次期Dynamics NAVのクライアントアプリではないと同社の代表者は述べている。

 「Project Madeiraは、新しいマルチテナント型のパブリッククラウドビジネス管理サービス(SaaS)だ。Microsoft Dynamics NAVとは別のものだ。こちらは2016年後半にv.nextを出荷する計画だ。Project MadeiraはMicrosoft Dynamics NAVプラットフォームとその他のMicrosoft技術の上に構築した最新のビルドとなる。Microsoft Dynamics NAV v.next向けの開発ストリームは、関連しているが別のものとなる」と代表者は述べている。

 MicrosoftがMadeiraのパブリックプレビューを紹介するブログで記しているように、MadeiraはAzure上で動くパブリッククラウドサービスとなり、ユーザーはWebまたはWindowsiOSAndroidのMadeiraアプリからアクセスできる。

 同プレビューは現在、米国のみで提供されている。2016年後半にまずは米国で一般提供され、他の国にも拡大する予定。

 Madeiraがターゲットとするのは従業員数が10~100人で、「最初にスタートしたシンプルな財務・会計ツール以上のものが必要だが、カスタマイズされたERPシステムに大型の投資をする準備ができていない企業」であるとしている。

MicrosoftがSMB向けのERP「Project Madeira」を発表

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]