編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

IBMの第1四半期決算、クラウド売上高が34%増

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-04-19 11:35

 IBMは米国時間4月18日、2016会計年度第1四半期決算(3月31日締め)を発表した。クラウドの売上高が前年同期比2桁の伸びを示し、アナリストらの予想を上回る内容となった。

IBMの戦略的事業に関する業績 戦略的事業の業績
※クリックすると拡大
IBMの主な財務指標 主な財務指標
※クリックすると拡大

 クラウドやアナリティクスを含む戦略的事業の第1四半期売上高は前年同期比14%増となり、現在では同社の売上高全体の37%を占めるまでになっている。また、クラウド全体では第1四半期の売上高は前年同期比34%増となり、過去12カ月間の売上高は108億ドルだった。

 第1四半期の純利益は20億1400万ドル(1株あたり2.09ドル)。売上高は187億ドル、非GAAPベースの1株あたり利益は2.35ドルだった。

 アナリストらは売上高を182億8000万ドル、非GAAPベースの1株あたり利益を2.09ドルと予想していた。

 IBMは通期見通しとして非GAAPベースの1株あたり利益が「最低でも」13.50ドルになるとしている。一方、アナリストらは1株当たり13.54ドルと予想している。また、同社はフリーキャッシュフローでの通期の純利益が110億~120億ドルという予想レンジの上限に近い値になるとしている。

 第1四半期に関するその他の業績は、テクノロジサービスおよびクラウドプラットフォーム部門の売上高が84億ドルで1.5%減、為替の影響を除くと1.9%増となった。コグニティブソリューション(ソフトウェアを含む)部門の売上高は40億ドルで1.7%減。

 システムズ(ハードウェアとOSを含む)部門の売上高は17億ドルで21.8%減となった。

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]