今週の明言

新中期経営計画に込められたNEC新社長の覚悟 - (page 2)

松岡功

2016-05-13 12:00

 冒頭の発言はこのコメントのエッセンスである。果たして思惑通り進めることができるか。新野氏の経営手腕に注目しておきたい。

「これからのビジネスは“顧客体験”を中心に推進すべきだ」 (アドビシステムズ 佐分利ユージン 代表取締役社長)

アドビシステムズ 佐分利ユージン 代表取締役社長
アドビシステムズ 佐分利ユージン 代表取締役社長

 アドビシステムズが先ごろ、デジタルマーケティングソリューション「Adobe Marketing Cloud」の最新情報や顧客事例を紹介するプライベートイベント「Adobe Marketing Cloud Customer Experience Forum 2016」を都内で開催した。佐分利氏の冒頭の発言はその基調講演で、“顧客体験”(カスタマーエクスペリエンス)の重要性を強調したものである。

 佐分利氏は講演で、「最近になって多くの企業が顧客体験に注目するようになってきた」とし、「優れた顧客体験は魅力的なコンテンツに始まる」と切り出した。そして「魅力的なコンテンツ」について次のように説明した。

 「コンテンツはさまざまな種類があるが、魅力的なコンテンツに欠かせないのがビジュアルだ。それは美しいデザインやクリエイティブな表現によって、消費者を感動させ、行動に駆り立てるものだと、私たちは考えている。とりわけ、デジタルなビジュアルによる顧客体験はPCやスマートフォンだけでなく、デジタルサイネージなどさまざまな形態で提供できるようになってきており、それらを消費活動にうまくつなげることが求められている」

 佐分利氏によると、まさしくそうしたソリューションを提供しているのがアドビだという。具体的には今回のイベントのテーマであるMarketing Cloudとともに、クリエイティブなデザインやコンテンツ制作に向けた「Creative Cloud」、ドキュメント業務を効率化する「Document Cloud」といった3つのクラウドサービスを展開している。(図参照)

アドビが提供する3つのクラウドサービス
アドビが提供する3つのクラウドサービス

 佐分利氏が言うように、顧客体験は今やビジネスの重要なキーワードになっている。この分野でリードしているIT企業といえば、多くの人がアップルとともにアドビを思い浮かべるだろう。同氏も「アドビとしてはデジタルな顧客体験によって、顧客企業の収益拡大や顧客満足度向上を強力に支援していきたい」と力を込めて語った。

 ただ、デザイナーやクリエイターには大きな支持を得ているアドビだが、ビジネス分野へ深く入り込んでいくのがこれからの課題といえる。果たして追い風に乗れるかどうか、注目しておきたい。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]