海外コメンタリー

ヴイエムウェアは「変わらずスピンオフの計画もない」:CEOが語るデルのEMC買収と今後 - (page 3)

Eileen Yu (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2016-05-26 06:30

 とは言うもののVMwareにとって、仮想化分野という枠を越え、定評あるクラウドプロバイダーとして認知されるようになるまでに、やるべきことはまだまだある。

 新製品の提供によって勢いを付けているとはいえ、埋めるべきギャップはまだ存在しており、それはパブリッククラウド環境やハイブリッドクラウド環境に対するプロビジョニングで顕著だとGelsinger氏は述べた。

 同氏は「当社の戦略や成果に私は満足しているが、Virtustreamや『vCloud Air』関連(の軌道修正)に代表されるような、昨年に起こったいくつかの出来事は筋書き通りとはとても言えず、われわれの足を引っ張ることになった。その結果、これらの分野の一部では、躍進に向けてさらなる努力が必要になっている(そして)われわれは勢いを付けてきている」と述べ、ハイブリッドクラウド関連のソフトウェアやサービスの開発やマーケティングを共同で行うという、最近発表したIBMとの提携に言及した。

 EMCは2015年5月にVirtustreamを買収した後、クラウドサービス事業を展開する新会社をVMwareと共同で設立すると同年10月に発表していた。これにより、新会社のクラウドポートフォリオをVMwareのプラットフォームで強化するとともに、財務面でも統合しようと計画していたのだった。しかし、Virtustreamの世界規模の事業展開計画に起因する損失計上の可能性が市場の嫌気を誘い、VMwareの株価はこの発表後に急落した。

 それから2カ月後の12月、VMwareはこの新会社設立計画から撤退する意向を明らかにし、EMCが単独でVirtustream製品の開発を担うことになった。そしてEMCは、2016年5月2日から開催した「EMC World 2016」で「Virtustream Storage Cloud」を発表している。

 この一件を残念な出来事だったと語るGelsinger氏は、計画の完遂に向けてそれまでに相当な努力が傾けられていたものの、「厄介な問題」が発生したのだと述べた。VMwareとEMCだけでなく、DellとSilver Lake Partnersが関与するようになり、関係株主が増えた結果、承認を得る必要のある相手が増え、同計画にまつわる「複雑さ」がどうしようもないほどに膨れあがったのだとGelsinger氏は説明した。

 同氏は「イライラさせられる経験であり、われわれは多くの時間を無駄にした。ああなると分かっていたら、こういった道には踏み出さなかった」と述べたが、DellとEMCほどの大型合併は滅多にあることではないため、あらゆる面から影響を予測するのは難しいとも述べた。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]