オラクル、「SPARC S7」プロセッサを発表--クラウド分野での展開も

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2016年06月30日 11時26分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Oracleは米国時間6月29日、サーバ製品やエンジニアドシステム、クラウドサービス向けとして「SPARC S7」プロセッサを発表した。

 同社によると、SPARC S7プロセッサは4.27GHzで動作し、その構成は8コア、64スレッドだという。またこのプロセッサでは、セキュリティの強化と処理効率の向上、アーキテクチャの簡素化といった設計上の改善が図られているという。Oracleは、商用アプリケーションやカスタムアプリケーションが、同社のクラウドサービスを介したSPARCプロセッサ上で動作するようになると付け加えた。

 ここで重要なのは、SPARCプラットフォームの適用範囲がクラウドサービスにまで広がり得るという点だ。今日のサーバ市場は、LinuxやWindowsが稼働するx86システムによってけん引されている。そのようななかOracleは、SPARCでUNIXを軸足を置いたサーバ市場戦略を展開している。

 Oracleによると、SPARCプラットフォームの機能向上には、暗号化機能をハードウェアとして搭載することによるセキュリティの強化も含まれているという。また、信頼されたリポジトリやゾーンからシステムを起動することで、意図せぬ改変を抑止する機能も搭載されている。さらに同社は、アナリティクス処理のパフォーマンスが従来製品に比べて10倍になっているとも述べている。また、エンジニアドシステムとしての使用を念頭に置き、同プロセッサに管理用のタスクやコンプライアンス関連のタスクを数多く搭載しているという。

 OracleはSPARC S7プロセッサを利用したクラウドサービスやシステムにより、コモディティ化しているx86並みの経済性を実現するとともに、同社の「Software in Silicon」技術によるセキュリティとアナリティクスの強化によって、エンタープライズ向けの機能をもたらそうとしている。

また、Oracleは中規模のワークロードに対応する「Oracle MiniCluster S7-2 Engineered System」をロールアウトした。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算