編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

「最高」を構想したらブロックチェーンに行き着いた--ベンダー座談会(1)

小船井健一郎 山田竜司 (編集部)

2016-09-13 07:00

 世界中に点在するコンピュータにデータを分散、非中央集権ネットワークにより、データの破壊や改ざんを困難にするブロックチェーンは多くの注目を集めている。そのブロックチェーン技術についてさまざまな企業が実証実験を始めている。仮想通貨や勘定系システムだけでない、社会インフラや企業システムへの展開の可能性を識者が語る。参加者は以下の6人。

参加者(自己紹介順)

  • 小川久範(一般社団法人金融革新同友会FINOVATORS 副代表理事 司会)
  • 平野洋一郎(インフォテリア 代表取締役社長)
  • 大谷健(日本マイクロソフト クラウド&エンタープライズビジネス本部 クラウド&サーバー製品マーケティング部 エグゼクティブプロダクトマネージャー)
  • 川村篤史(日本IBM コグニティブ・インダストリーソリューション事業部 決済ソリューション担当部長)
  • 朝山貴生(テックビューロ 代表取締役所長)
  • 杉井靖典(カレンシーポート 代表取締役 CEO)

日本のブロックチェーン有識者の取り組み

 小川氏:司会進行を務めます、FINOBATORS(フィノベーターズ)の小川と申します。普段は証券会社で新産業やベンチャー企業の調査をしています。


小川久範(一般社団法人金融革新同友会FINOVATORS」副代表理事)

 まずは、ブロックチェーンに関連してどういった活動をしているのか、それぞれの自己紹介をふくめてお願いします。

 平野氏:インフォテリアの平野です。ブロックチェーン推進協会(BCCC)の理事長を務めています。BCCCでは「すべての企業にブロックチェーンのパワーを」ということをスローガンに活動しているところです。

 本業ではデータ連携ミドルウェアのソフトウェアを販売するインフォテリアの代表取締役社長をしています。「いろんなものをつないでいく」ということを設立のときから掲げていて、今もそれを継続しています。でブロックチェーンに対する立場も「ブロックチェーンをつないで世の中のさまざまな企業で使っていく」、つまりブロックチェーンのパワーをいろいろな企業やサービスに使っていただくことで普及、推進しようとしています。

 大谷氏:日本マイクロソフトの大谷です。この6年くらい、マイクロソフトが展開しているパブリッククラウドサービス「Microsoft Azure」のプロダクトマネージャーを務めています。ここ1~2年はIoTや人工知能(AI)といった破壊的なテクノロジの市場開拓を担当していました。そうしたなかBitcoinも注目を集めているので、兼務するかたちでMicrosoftのブロックチェーンの推進を担当しています。

 MicrosoftはBCCCと日本ブロックチェーン協会(JBA)の両方に参画しています。私自身はBCCCで理事をやっているので、そちらに注力していますが、Microsoftとしては両方と関わっています。その意図は、Microsoftがクラウド上で展開しているブロックチェーンのバックエンドサービス「ブロックチェーン・アズ・ア・サービス(BaaS)」という概念があります。たくさんのブロックチェーンのテクノロジが生まれていますが、有望視されているものもあれば、これから出てくるものもあります。それらをより使いやすく身近なものにしていく。特にそれらはBtoBの世界——いわゆる自社のネットワーク内やパートナー間で利用するネットワーク内だけでブロックチェーンを使う「プライベートブロックチェーン」といったところでもっと有用だろうという予測のもとで、たくさんのブロックチェーンをクラウド上から提供していくということをミッションにしています。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]