「最高」を構想したらブロックチェーンに行き着いた--ベンダー座談会(1) - (page 3)

小船井健一郎 山田竜司 (編集部) 2016年09月13日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 カレンシーポートという会社は、実はブロックチェーンを謳っている会社ではありません。私たちがやろうとしているのは、資金や価値ーーあらゆる証券もお金もトークンもスタンプもポイントも移転するシステムを作ること。自分たちが考える最高の金融向けシステムに適切な製品やサービスを考えたとき、現在存在するデータベースなどでは要件が合わず、ブロックチェーンに行き着きました。


杉井靖典(カレンシーポート 代表取締役 CEO

 しかし、なかなか未発達な分野なので、まずはもっと使いやすくするためのプラットフォームから作らないといけないと思い立ちました。当社は何かのブロックチェーンにコミットしているわけではありません。ただ使っているブロックチェーンはいろいろあり、主にはEthereumもビットコインもNEMも使わせて頂いています。日本IBMの話しを聞いて、Hyperledgerも面白い特性があるので今後も利用したい思っています。

 弊社はブロックチェーンの種類に関係なしにつかえるラッパー、いわゆるミドルウェアを作っています。われわれはできてまだ1年経っていない会社なので、その商品化・サービス化はまだできておらず、企業ごとに個別に対応しています。BtoB領域を担当しておりますが、たまたま早いうちからブロックチェーンに関わっていたので、そのバスワードに乗って金融機関が何かやりたいといったとき参加しています。プレスリリースされている案件でいえば、みずほ銀行やJPX(日本取引所グループ)といった金融機関のブロックチェーンの実証実験など、実務上の実装の一部を担っております。ただ、今後は先に申し上げたようなプラットフォームビジネスにしていきたいと考えております。

ブロックチェーン推進協会(BCCC)と日本ブロックチェーン協会(JBA)の違い

 小川氏:杉井さんの自己紹介のなかで、BCCCとJBAの両方に加入しているというお話がありました。外からみているとわかりづらいので、両者のスタンスがどう違うのか、また企業が加入するときにどう理解すればいいのか、簡単でかまいませんのでご説明いただけますか。

 杉井氏:まずJBAという社団法人は、政策提言を積極的にやっています。ブロックチェーンは規制産業になっていく可能性があるため政府関係者とのやりとりが多く、組織には実際に規制を受ける可能性のある会社が比較的多く入っています。一部に賛助会員というかたちのユーザーもいますが、正会員はそうした方々です。

 一方、私が副理事長をしているBCCCはユーザー企業が多いです。参加しているユーザー企業は、「ブロックチェーンを使って何かサービスをしよう」と考えているところが多いのではないでしょうか。実際の加入をみても「ブロックチェーンを使いたいけど技術はわからない」という方々です。そのため、技術部会とか普及委員会とか、BCCCが主催している教育プログラム「ブロックチェーン大学校」などのカリキュラムを目当てに入ってきているようです。また、最近の加入状況をみるとSIの方々が多いです。


大谷健(日本マイクロソフト クラウド&エンタープライズビジネス本部 クラウド&サーバー製品マーケティング部 エグゼクティブプロダクトマネージャー

 簡単にいうならば、BCCCは普及・推進を、JBAは規制緩和などの法的な整備を担っているという印象です。

 大谷氏:われわれも両方の組織に入っています。ブロックチェーンというディスラプティブ・テクノロジ(破壊的技術)が普及することによって今までと違う経済効果が生み出されるというのは、経産省がいろいろな予測を出している通りです。今までのITのあり方がガラッと変わって、分散型になるからこそ人と人同士がつながって、中央集権を介さずにモノの価値のやりとりができる。ビットコインを1.0だとすると、そこからさらに違う付帯状況を入れてやっていくことが日本経済にインパクトを与えていく。BCCCもJBAもそれを求めて立ち上がった団体で、そこのところは変わらないはずです。

 「より実業化させていく」というBCCCと、「政府提言に重きをおき、しっかり守ってルールを作っていく」というJBA。「それだけではない」と両方の団体は言うでしょうが、まずは共通目的があって似ているところがあったうえでフォーカスエリアが違う、というように理解しています。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]