さとうなおきの「週刊Azureなう」

【Azureなう 9/15号】Azure SQL Databaseの自動チューニング機能が強化

佐藤直生 2016年09月15日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 こんにちは、さとうなおきです。「週刊Azureなう」では、先週の1週間に発表されたMicrosoft Azureの新機能から、筆者の独断と偏見で選んだトピックについて紹介していきます。

英国リージョンが一般提供に

 2015年11月に、Microsoftのクラウドサービスの英国リージョンを提供することが発表されていました

 今回、Azureの英国南部/英国西部リージョンがGA(一般提供)になりました。同時に、Office 365の英国リージョンもGAとなっています。2017年前半には、Dynamics CRM Onlineの英国リージョンも提供予定です。

 英国内の2つのAzureリージョンが互いにAzure Storageの地理レプリケーションのレプリケーション先となることで、Azure上のシステムのデータを英国内に限定することが可能になります。東日本/西日本リージョンの場合と同様ですね。

 英国リージョンのGAによって、GAになっているAzureリージョンは28リージョンとなりました。さらに、ドイツに2リージョン、韓国に2リージョン、米国国防総省向けに2リージョンが計画されており、合計で34リージョンになる予定です。

 Azureのリージョンや各リージョンでサポートされているAzureサービスについては「Azure Regions」、Azure上の各リージョンにおけるデータの取り扱いについては「Microsoft Azure — Where is my customer data?」をご覧ください。

 今回のGAの詳細については、Azure Blogのポスト「Microsoft Azure now available from UK datacenters」、Official Microsoft Blogのポスト「Microsoft Azure and Office 365 now available from United Kingdom datacenters」をご覧ください。


世界中のAzureリージョン

Azure SQL Database:SQL Database Advisor機能の改善

 データベースのパフォーマンスチューニングは、厄介ですよね。

 リレーショナルデータベースサービス「Azure SQL Database」 は、データベースのパフォーマンスチューニングを支援する「SQL Database Advisor」機能を提供しています。

 SQL Database Advisorは、データベース上の実際の処理を分析し、インデックスの作成や削除、クエリのパラメータ化、スキーマの問題の修正といった、パフォーマンスチューニングのための推奨事項を教えてくれます。オプションで、これらの推奨事項を自動的に適用することも可能です。

 SQL Server 2016の新機能「クエリストア」、クエリストアを活用してクエリのパフォーマンスに関するさまざまな情報を確認できるAzure SQL Databaseの「Query Performance Insight」機能があり、SQL Database Advisorはこれらの機能を活用して提供されています。

 今回、SQL Database Advisorによる推奨事項の検出や適用に必要な時間が大幅に短縮され、全体で1週間程度かかっていたパフォーマンスチューニングが1日程度で完了するようになりました。SQL Database Advisorによるパフォーマンスチューニングが、ますます手軽に使えるようになりますね。

 詳細は、Azure Blogのポスト「Improved Automatic Tuning boosts your Azure SQL Database performance」をご覧ください。


SQL Database Advisorが提供するパフォーマンスチューニングの推奨事項

Azure Active Directory:Premium P2エディション

 Azure Active Directory(Azure AD)は、クラウドベースのアイデンティティ管理サービスです。

 今回、今年3月にパブリックプレビューになっていたAzure Active Directory Identity Protectionと、2015年5月にパブリックプレビューになっていたAzure Active Directory Privileged Identity Managementが、9月15日にGA(一般提供)になることが発表されました。

 Azure Active Directory Identity Protection は、リスクイベントや組織のIDに影響する脆弱性の情報を提供するセキュリティ サービスです。Identity Protectionは、機械学習を活用しているAzure ADの異常検出機能を利用し、リアルタイムで異常を検出できるようにしています。リスクイベントの例としては、ユーザーの資格情報の漏洩、特殊な場所からの不規則なサインイン、不審なアクティビティのあるIP アドレスからのサインインなどがあります。


Azure Active Directory Identity Protectionが検出したリスクイベント

 また、Azure Active Directory Privileged Identity Managementを使うと、Azure AD、Office 365などで組織内のアクセス権を管理、制御、監視できます。具体的には、Azure Active Directoryの管理者ユーザーを特定する、Office 365などでオンデマンドで短期間だけ管理者権限を提供する、管理者のアクセス履歴や管理者の割り当ての変更に関するレポートを取得する、といったことが可能です。


Azure Active Directory Privileged Identity Managementによる、管理者ロールを持つユーザーの表示

 そして、これまでのPremiumエディションをPremium P1エディションに改名し、Premium P1エディションにAzure Active Directory Identity Protection、Azure AD Privileged Identity Managementを加えた、新しいPremium P2エディションの提供も発表されました。

 詳細は、Enterprise Mobility and Security Blogのポスト「#AzureAD Identity Protection, Azure AD Privileged Identity Management and Azure AD Premium P2 will be generally available Sept 15th 」をご覧ください。

 それではまた来週。

佐藤直生 (さとうなおき)
1999年から、OracleでJava、アプリケーションサーバ、開発ツールなどのエンジニア/テクニカル エバンジェリストを担当後、2010年9月にMicrosoftに入社。Microsoft Azureの黎明期からエバンジェリスト/テクノロジストとしてAzureを担当。オライリーなどの技術書の監訳、翻訳も多数。
ブログ: https://satonaoki.wordpress.com/
Twitter: https://twitter.com/satonaoki

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]