編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ
さとうなおきの「週刊Azureなう」

【Azureなう 9/15号】Azure SQL Databaseの自動チューニング機能が強化

佐藤直生

2016-09-15 07:00

 こんにちは、さとうなおきです。「週刊Azureなう」では、先週の1週間に発表されたMicrosoft Azureの新機能から、筆者の独断と偏見で選んだトピックについて紹介していきます。

英国リージョンが一般提供に

 2015年11月に、Microsoftのクラウドサービスの英国リージョンを提供することが発表されていました

 今回、Azureの英国南部/英国西部リージョンがGA(一般提供)になりました。同時に、Office 365の英国リージョンもGAとなっています。2017年前半には、Dynamics CRM Onlineの英国リージョンも提供予定です。

 英国内の2つのAzureリージョンが互いにAzure Storageの地理レプリケーションのレプリケーション先となることで、Azure上のシステムのデータを英国内に限定することが可能になります。東日本/西日本リージョンの場合と同様ですね。

 英国リージョンのGAによって、GAになっているAzureリージョンは28リージョンとなりました。さらに、ドイツに2リージョン、韓国に2リージョン、米国国防総省向けに2リージョンが計画されており、合計で34リージョンになる予定です。

 Azureのリージョンや各リージョンでサポートされているAzureサービスについては「Azure Regions」、Azure上の各リージョンにおけるデータの取り扱いについては「Microsoft Azure — Where is my customer data?」をご覧ください。

 今回のGAの詳細については、Azure Blogのポスト「Microsoft Azure now available from UK datacenters」、Official Microsoft Blogのポスト「Microsoft Azure and Office 365 now available from United Kingdom datacenters」をご覧ください。


世界中のAzureリージョン

Azure SQL Database:SQL Database Advisor機能の改善

 データベースのパフォーマンスチューニングは、厄介ですよね。

 リレーショナルデータベースサービス「Azure SQL Database」 は、データベースのパフォーマンスチューニングを支援する「SQL Database Advisor」機能を提供しています。

 SQL Database Advisorは、データベース上の実際の処理を分析し、インデックスの作成や削除、クエリのパラメータ化、スキーマの問題の修正といった、パフォーマンスチューニングのための推奨事項を教えてくれます。オプションで、これらの推奨事項を自動的に適用することも可能です。

 SQL Server 2016の新機能「クエリストア」、クエリストアを活用してクエリのパフォーマンスに関するさまざまな情報を確認できるAzure SQL Databaseの「Query Performance Insight」機能があり、SQL Database Advisorはこれらの機能を活用して提供されています。

 今回、SQL Database Advisorによる推奨事項の検出や適用に必要な時間が大幅に短縮され、全体で1週間程度かかっていたパフォーマンスチューニングが1日程度で完了するようになりました。SQL Database Advisorによるパフォーマンスチューニングが、ますます手軽に使えるようになりますね。

 詳細は、Azure Blogのポスト「Improved Automatic Tuning boosts your Azure SQL Database performance」をご覧ください。


SQL Database Advisorが提供するパフォーマンスチューニングの推奨事項

Azure Active Directory:Premium P2エディション

 Azure Active Directory(Azure AD)は、クラウドベースのアイデンティティ管理サービスです。

 今回、今年3月にパブリックプレビューになっていたAzure Active Directory Identity Protectionと、2015年5月にパブリックプレビューになっていたAzure Active Directory Privileged Identity Managementが、9月15日にGA(一般提供)になることが発表されました。

 Azure Active Directory Identity Protection は、リスクイベントや組織のIDに影響する脆弱性の情報を提供するセキュリティ サービスです。Identity Protectionは、機械学習を活用しているAzure ADの異常検出機能を利用し、リアルタイムで異常を検出できるようにしています。リスクイベントの例としては、ユーザーの資格情報の漏洩、特殊な場所からの不規則なサインイン、不審なアクティビティのあるIP アドレスからのサインインなどがあります。


Azure Active Directory Identity Protectionが検出したリスクイベント

 また、Azure Active Directory Privileged Identity Managementを使うと、Azure AD、Office 365などで組織内のアクセス権を管理、制御、監視できます。具体的には、Azure Active Directoryの管理者ユーザーを特定する、Office 365などでオンデマンドで短期間だけ管理者権限を提供する、管理者のアクセス履歴や管理者の割り当ての変更に関するレポートを取得する、といったことが可能です。


Azure Active Directory Privileged Identity Managementによる、管理者ロールを持つユーザーの表示

 そして、これまでのPremiumエディションをPremium P1エディションに改名し、Premium P1エディションにAzure Active Directory Identity Protection、Azure AD Privileged Identity Managementを加えた、新しいPremium P2エディションの提供も発表されました。

 詳細は、Enterprise Mobility and Security Blogのポスト「#AzureAD Identity Protection, Azure AD Privileged Identity Management and Azure AD Premium P2 will be generally available Sept 15th 」をご覧ください。

 それではまた来週。

佐藤直生 (さとうなおき)
1999年から、OracleでJava、アプリケーションサーバ、開発ツールなどのエンジニア/テクニカル エバンジェリストを担当後、2010年9月にMicrosoftに入社。Microsoft Azureの黎明期からエバンジェリスト/テクノロジストとしてAzureを担当。オライリーなどの技術書の監訳、翻訳も多数。
ブログ: https://satonaoki.wordpress.com/
Twitter: https://twitter.com/satonaoki

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]