さとうなおきの「週刊Azureなう」

【Azureなう 9/28号】Ethereumブロックチェーンの構築が簡単に

佐藤直生 2016年09月28日 13時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 こんにちは、さとうなおきです。「週刊Azureなう」では、先週の1週間に発表されたMicrosoft Azureの新機能から、筆者の独断と偏見で選んだトピックについて紹介していきます。

 今週は、米国アトランタでMicrosoft Igniteカンファレンスが開催されています。すでに、「『Microsoft Ignite』開幕:アドビとの提携強化を発表」、「『Windows Server 2016』、10月中旬に一般提供開始へ」などの記事も出ていますね。次回は、Igniteでの発表を中心にお届けする予定ですので、お楽しみに。

ドイツリージョンが一般提供に

 2015年11月に、Microsoftのクラウドサービスの英国リージョン、ドイツリージョンを提供することが発表されていました

 今月前半にGA(一般提供)になっていたAzureの英国南部/英国西部リージョンに続いて、ドイツ中部/ドイツ北東部リージョンがGAになりました。今後、Office 365とDynamics CRM Onlineのドイツリージョンも提供予定です。

 ドイツの法令を遵守するため、ドイツリージョンは、顧客データを2つのドイツリージョン内だけに格納し、パブリッククラウドネットワークとは分離された専用のネットワークを使い、ドイツ企業であるT-Systems Internationalが顧客データへのアクセスを管理するようにしています。

 ドイツリージョンのGAによって、GAになっているAzureリージョンは30リージョンとなりました。さらに、韓国に2リージョン、米国国防総省向けに2リージョンが計画されており、合計で34リージョンになる予定です。

 Azureのリージョンや各リージョンでサポートされているAzureサービスについては「Azureリージョン」、Azure上の各リージョンにおけるデータの取り扱いについては「Microsoft Azure — Where is my customer data?」をご覧ください。

 今回のGAの詳細については、Azure Blogのポスト「Microsoft Azure Germany now available via first-of-its-kind cloud for Europe」、Official Microsoft Blogのポスト「Microsoft Cloud expands with first-of-its-kind offering for Europe」、Microsoft Azure GermanyAzure Germany Cloud Blogをご覧ください。


世界中のAzureリージョン

Project Bletchley:Bletchley v1でEthereumのコンソーシアムブロックチェーン環境の構築が簡単に

 Microsoftは今年6月に、プライベートなブロックチェーン基盤上でスマートコントラクトをよりセキュアに実施するためのアーキテクチャに取り組む「Project Bletchley」を発表していました。Project Bletchleyについては、記事「マイクロソフト、ブロックチェーンのオープンアーキテクチャ『Project Bletchley』発表」、「Azureブロックチェーンで拡張性と機密情報保護を実現する『Bletchley』『Cryptlets』とは」をご覧ください。

 今回、Project Bletchleyの取り組みの一環として、Ethereumのコンソーシアムブロックチェーン環境の構築を簡単にしました。具体的には、Azureポータルやコマンドラインで、Azure Resource Manager(ARM)テンプレート「Blockchain - Ethereum Private Consortium Network」を指定し、必要なパラメーターを指定するだけで、多数のVMで構成される環境をAzure上に簡単に構築できます。


Ethereumコンソーシアムのネットワークアーキテクチャ

 詳細は、Azure Blogのポスト「Project Bletchley - Blockchain infrastructure made easy」、GitHubのARMテンプレート手順を解説しているドキュメント、記事「MS、『Azure』上のブロックチェーンミドルウェアの初期版をリリース」をご覧ください。

 また、Project Bletchleyで新たに導入されたコンセプトであるCryptletに関して、さらに詳細な情報が公開されました。詳細は、Azure Blogのポスト「Bletchley - release & roadmap - Cryplets deep dive」、ドキュメント「 Project Bletchley - The Cryptlet Fabric」をご覧ください。

Azure App Service:Mobile Apps Node.js SDK v3.0.0 リリース

 Azure App ServiceMobile Appsは、モバイル アプリケーション向けのバックエンドを提供するMBaaS(Mobile Backend as a Service)です。


Mobile Appsの概要

 Mobile Appsは、ネイティブ開発(iOS、Android、Windows)、Xamarin、Apache Cordova向けのクライアントSDKを提供しています。また、サーバーサイドのバックエンドでは、.NETNode.js向けのサーバSDKを提供しています。

 今回、Mobile AppsのNode.jsサーバSDKのv3.0.0がリリースされました。主な新機能は、次の通りです。

  • ユーザーごとのテーブル:認証が必要なデータベーステーブルへのリクエストの際に、特定の認証済みユーザーに属するデータだけを返すフィルタリングが可能に
  • Webhook:テーブルに対するデータ操作の完了後に、外部のHTTPエンドポイント(Azure Functionsなど)を呼び出し可能に
  • レコードの有効期限:テーブル内のレコードに対する有効期限を設定することで、有効期限切れのレコードを取得できなくするようにすることが可能に
  • ソフト削除されたレコードの取得:クエリの際に(通常は含まれない)ソフト削除されたレコードをクエリ結果に含めるように設定可能に(ソフト削除とは、削除リクエストの際に、実際のテーブル内のレコードを削除する代わりに、削除済みフラグを示す列の値を変更すること)
  • IDによるレコードの取得:IDを指定して1件のレコードを取得可能に
  • オブジェクト ベースの更新、削除:これまでは可能だったJSON形式のオブジェクトを基にしたクエリに加えて、オブジェクトを基にした更新、削除も可能に
  • テーブル関数でのコールバック:テーブル操作関数が、コールバックのサポートを追加

 詳細は、Azure Blogのポスト「Announcing the release of Azure Mobile Apps Node SDK v3.0.0」、ドキュメント「Azure Mobile Apps Node.js SDK の使用方法」、SDKドキュメントGitHubリポジトリをご覧ください。

Azure API Management:ロードマップ情報を公開

 Azure API Managementは、既存のAPIに対するAPIゲートウェイを提供するサービスです。

 Azure API Managementは、頻繁に機能拡張され続けています。今回公開された「Azure API Management Product Roadmap」では、開発完了した/開発進行中の/次のアップデートで追加される/バックログにある機能拡張の一覧を確認できます。

 人気の高いタスク管理サービス「Trello」を使っており、コメントや投票も可能なので、Azure API Managementをお使いの方は、是非フィードバックをお願いします。

 詳細は、Azure API Management Blogのポスト「Announcing the Azure API Management roadmap」をご覧ください。


Azure API Managementのロードマップ

 それではまた来週。

佐藤直生 (さとうなおき)
1999年から、OracleでJava、アプリケーションサーバ、開発ツールなどのエンジニア/テクニカル エバンジェリストを担当後、2010年9月にMicrosoftに入社。Microsoft Azureの黎明期からエバンジェリスト/テクノロジストとしてAzureを担当。オライリーなどの技術書の監訳、翻訳も多数。
ブログ: https://satonaoki.wordpress.com/
Twitter: https://twitter.com/satonaoki

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]