ビッグデータは「幻滅期」の底へ

NO BUDGET 2016年11月10日 11時02分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ガートナー ジャパンは11月8日、日本企業のビッグ・データへの取り組みに関する調査結果を発表した。それによると、67.2%の日本企業がビッグデータに向けた活動を既に進めていることが明らかになったという。

 今回の調査は、日本における企業・組織のさまざまなITのニーズや課題を分析することを目的として2016年2月に実施された。日本全国の従業員数500人以上のITユーザー企業に勤務し、ITインフラストラクチャにかかわる企画や製品、ソリューション、に対して決裁権がある/関与している、もしくはITインフラストラクチャの戦略に関与している役職を想定してアンケート調査を行っている。有効回答数は515件で、回答企業の従業員数規模別の内訳は、2000人以上が259社、1000~1999人が99社、500~999人が157社。

 主な調査結果は以下の通り。

  • ビッグデータに取り組む日本企業は微増
  •  日本におけるビッグデータは、ハイプサイクルのピークを越えて幻滅期の底へと向かう状況にある。ガートナーでは、ビッグデータへの期待が小さくなり、取り組みを進める企業が若干減少すると予測していたが(下図の点線部)、実際には2015年の65.6%から1.6ポイントの微増となった。


    日本企業のビッグ・データへの取り組み状況

     なお、企業がビッグデータの活用を進める最終目的は、テクノロジを導入することではなく、ビッグデータを集めることでもなく、ビジネス上の成果(例えば、売り上げや利益の増大、顧客関係の改善)を生み出すことにある。

     つまり、これまでIT部門が取り組んできたような、ゴールと方法論が比較的明白なプロジェクトとは異なり、解決すべき課題や改善すべきテーマを最初に特定することが必要だ。こうした背景から、実際にビッグデータの活用に取り組み始めた企業では、「実際に何を分析すれば、ビジネス上の成果が生まれるのか」について悩んでいるケースが多く見受けられるという。

  • IT部門とビジネス部門の対話を開始している企業は少数
  •  「ビジネス部門には、データ活用で解決できる課題や新しいアイデアが多く埋もれていると思うか」との問いには、72.8%の企業が「はい」と回答した。しかしながら、ビジネス部門との対話を進めているのは19%に過ぎず、4割に上る企業は1年以内に対話を始める見込みであることが明らかとなった。


ビジネス部門に課題やアイデアは眠っている

 ガートナーでは、データの重要な活用方法として、いかに「将来の予測」を進めるか、いかにアルゴリズムを適用し「判断の自動化」や「ビジネス・プロセスの自動化」を進めるかという点が、今後いっそう重要となっていくとみている。そして、工業化された数理的なアルゴリズム群を複合的に用い、判断の自動化やプロセスの自動化により競合上の差別化をもたらす「アルゴリズム・ビジネス」が拡大していくと予想している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化