編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」
AWS re:Invent

AWS re:Inventまもなく開幕--2016年はAzure対抗のデータ分析新サービスに期待

羽野三千世 (編集部)

2016-11-25 07:30

 米国時間11月28日にラスベガスで開幕するAmazon Web Services(AWS)の年次カンファレンス「re:Invent」。2016年は会場を2つ用意し、昨年の2倍となる400以上のブレイクアウトセッションが予定されている。4月にAWS部門のCEO(最高経営責任者)に就任したAndy Jassy氏が、就任後初のre:Inventで何を語るのか。

 またre:Inventの開幕を待たずして10月に発表されたVMwareとの大型提携に関する進捗や詳細情報に注目が集まる。オンプレミスシステムのハイブリッドクラウド移行は、他社も含めて2017年以降の大型テーマの1つになりそうだ。

 2015年のre:Inventの基調講演では、データをオンプレミスからAWSへ“運搬”するためのストレージアプライアンス「Amazon Snowball」や、各種データベースのAWSへの移行を支援する「AWS Database Migration Service」「AWS Sheme Conversion Tool」など、基幹系を含む企業のワークロードをAWSへ移行することを強力にサポートする製品サービス群が発表された。また、すでに国内でも多くの活用事例が登場し存在感を強めているIoTプラットフォーム「AWS IoT」が発表されたのも2015年のre:Inventだった。

 今年のre:Inventで何が新発表されるのか、予想するのは難しい。戦略については、カンファレンスの開催を待たずに、ハイブリッドクラウド戦略を掲げるMicrosoftをけん制する「VMWare Cloud on AWS」の発表が10月にあり、価格面で対抗姿勢を強めるGoogleやOracleに対してすでに値下げを発表している。サービスに注目すると、「AWS史上、最も速いスピードで進化を続けているサービス」(アマゾン ウェブ サービス ジャパンの瀧澤与一氏、7月28日の記者会見での発言)だという「Aurora」を中心としたデータベースサービス、およびビッグデータ関連サービスのあたりで新発表が期待される。

 Auroraは、2014年のre:Inventで発表されたMySQL互換のデータベースエンジン。「クラウド時代のニーズに最適化するため、AWSが再設計した」(瀧澤氏)というAuroraは、クラウド上でビッグデータを扱う際に重要な「データレイク」「共通APIでのアクセス」という概念を持つ。

 これは、収集したデータをデータレイクに全期間保存しておき、必要に応じてAPIでアクセスして分析・可視化するという、データベースの容量を無制限で使うクラウド型のビッグデータ分析のやり方だ。「一般的なクラウドデータベースはあらかじめ容量を設定して利用するが、Auroraは上限を設定する必要がなく、データを投入した分だけ課金される。料金体系もデータレイクに適したものになっている」(瀧澤氏)

 AWSは、ビッグデータ分析のプロセスにおいて、データレイクとしてのAuroraのほか、分析サービスとして「Amazon EMR」「Amazon Kinesis Analytics」「Amazon Machine Learning」を有し、可視化ツール「Amazon QuickSight」の一般提供も開始した。また、11月に「Hortonworks Data Cloud for AWS」が登場し、Aurora周りでHadoop、Spark、Hiveをマネージド型で使えるようにもなった。

 このクラウド上でのビッグデータ分析の分野は、競合Azureが強い。データレイクサービスや分析エンジン、Hadoopのマネージドサービス「HDInsight」などを先行して提供している。re:Inventでは毎年データベース関連のなんらかの新発表があるが、今年は、ビッグデータ分析においてAzureへの優位性を打ち出すような、データベース関連サービスや分析エンジン、可視化ツールの発表が期待される。

 CEOのJassy氏とCTOのWarner Vogels氏が登壇するキーノート(米国時間11月30日午前8時~10時30分)、および、バイスプレジデント兼ディスティングイッシュド・エンジニアのJames Hamilton氏によるセッション(米国時間11月29日午前8時~9時半)は、こちらのサイトでライブストリーミングがある。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]