バンダイナムコ、グループ幹部3500人に360度評価--海外法人にも展開

NO BUDGET 2017年01月16日 13時03分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 バンダイナムコグループはパフォーマンスマネジメントSaaS「SilkRoad Performance」を2016年8月から稼働させている。提供するタレンタが1月12日に発表した。

 SilkRoad Performanceは、米SilkRoad Technologyが提供し、タレンタが日本で販売する。戦略人事の実践や人材育成の強化、業務効率化などを目的に目標管理や業績評価、360度サーベイ、育成計画、後継者の計画や管理などで利用できる。バンダイナムコグループは360度フィードバックサーベイを実施した。360度サーベイ用途では、クレディセゾン、ジェイアイエヌ、フコクなどでの利用実績があると説明する。

 バンダイナムコの360度フィードバックサーベイは、幹部層の行動変革のきっかけと組織力の強化が目的。周囲からのフィードバックによる本人の日常のマネジメント行動を見直して行動変革へのきっかけとし、組織の中で求められる行動を本人が自覚するだけでなく、上司や部下とも共有し、組織力の強化につなげる。今年度は設問数18問、戦略策定・戦略実行やマネジメント、模範行動の実践の3カテゴリで実施した。

 バンダイナムコグループは360度フィードバックサーベイを国内主要6社の約3500人を対象に実施した。2週間で終了した。サーベイ終了後は、ストレスチェックデータや残業データも加味した分析も行われた。2017年1月から海外現地法人での稼働を開始している。

 SilkRoad Performanceの活用では、現場トレーニングの必要なく実施ができた。社員が迷わず直感的に操作可能とするための細やかな要件に対応したため、結果的に人事部門への問い合わせもほとんど発生しなかった。全14カ国語に対応するため、海外現地法人での稼働も簡単な設定の追加で即時に実施できたとしている。

 サーベイ結果とストレスチェックデータや残業データを加味した分析レポートの作成、海外現地法人展開での現地人事担当者との英語での直接サポート、新任幹部向けフィードバック研修のコーディネートなどは、タレンタがワンストップのトータルサポートを提供している。

 バンダイナムコグループは、SilkRoad Performanceを活用した360度バリューサーベイを継続していく予定で、海外現地法人への適用範囲も拡大していく。幹部層の行動変革のきっかけと組織力の強化に加え、長時間労働の抑制などの「働き方改革」のきっかけとすることも目指していく。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算