富士通、現場作業の安全管理支援をSaaSで提供--センサで熱や身体負荷を推定

NO BUDGET 2017年01月16日 14時20分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通は「ユビキタスウェア 安全管理支援ソリューション」の機能を強化し、2月上旬からSaaSで提供する。販売価格は個別見積もり。1月12日に発表した。

 厚生労働省の「平成28年における労働災害発生状況」によると、労働災害発生数は、全業種の中で製造業が最も多く、次いで建設業となっている。作業現場では冬場でも、炎天下の屋外や熱源がある場所での作業で熱中症の発生リスクや単独作業者の事故発生時に迅速な対応が難しいなど安全上の課題が存在している。

 安全管理支援ソリューションは、作業者に装着したセンサデバイスで温湿度やパルス数をセンシングし、独自のアルゴリズムで分析、解析することで一人ひとりの熱ストレスレベルや身体負荷レベルを推定できる。従来、個々のユーザーにあわせてアプリケーションなどのシステムを開発、提供してきたが、さまざまな実証実験で得られた知見から機能を強化し、SaaSで提供することになった。

安全管理支援ソリューションのイメージ(富士通提供)
安全管理支援ソリューションのイメージ(富士通提供)

 機能強化のポイントは「作業者状況把握機能」「作業グループの設定・管理機能」「データ出力機能」の3つ。

 「作業者状況把握機能」では、遠隔管理者が現場ごとの状態をウェブアプリケーションで俯瞰的に確認できるようになった。従来のように作業者一人ひとりのアラームを通知するだけでなく、アラーム発生時の位置、対応状況の確認などを現場ごとに把握できる。

作業者状況把握画面のイメージ(富士通提供)
作業者状況把握画面のイメージ(富士通提供)
作業者状況把握画面のイメージ(富士通提供)

 「作業グループの設定・管理機能」では、現場の作業グループや作業者数の増減、アラーム発生条件の変更など最適な設定を管理する。「データ出力機能」では、アラーム発生状況や対応状況、作業現場の環境情報など取得したデータを項目ごとにCSVで出力できるようになった。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算