調査

デジタルマーケティングで成果を挙げている企業は1割強--富士通総研調査

NO BUDGET 2017年02月06日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通総研は1月23日、「デジタル化への認識とデジタルマーケティングの実態調査」の結果を発表した。それによると、デジタルマーケティングに取り組んでいるのは全体の35.3%。このうち「成果をあげている」と回答したのは37.0%と、全体の1割強(12.95%)だった。

 デジタルマーケティングの取り組み比率が最も高いのは、BtoC小売・外食業で57.6%。次いでBtoCサービス業(52.9%)、BtoBサービス業(38.1%)、BtoC製造業(34.1%)と続いた。


業種別デジタルマーケティングの取り組み状況

 また全体平均で8.6%が、デジタル化によって企業やビジネスが「すでに大きく変化している」と回答した。さらに「今後1〜2年」、「5年位までに」変化がありそうと回答した企業を合わせると全体で52.8%となった。


業種別デジタル化による変化の認識

 デジタルマーケティングの成果についての業種別の回答では、「成果をあげている」と答えた業種の中で、BtoCサービス業が53.1%で最多となり、次いで多かったのがBtoBサービス業の50.0%。逆に「成果が見えていない」と回答した業種では、BtoC製造業の79.3%、BtoB製造業の77.4%の順となった。


業種別デジタルマーケティングにおける成果の有無

 富士通総研では調査結果から、デジタルマーケティングに対する関心は高く、実践する企業も増加傾向にあるものの、マーケティングツールを導入しながらも成果が得られていない企業が多くあるとしている。一方、成果をあげている企業では、顧客の獲得・販売などの成果が見えやすい目標を設定し、PDCAを回しているとしている。

 この調査は、年商上位1万社のマーケティング担当者を対象に実施され、回答したのは842社。調査方法は郵送告知とネット回答による。調査期間は2016年9月。

 富士通総研では、回答を寄せた企業の業種を「BtoC製造業」「BtoC小売・外食業」「BtoCサービス業」「BtoB製造業」「BtoB商社・卸業」「BtoBサービス業」に分類している。これらの業種に該当しない企業は全体の20%だった。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算