グーグルのメール暗号化Chromeアプリケーション「E2EMail」がオープンソースに

Charlie Osborne (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2017年03月01日 13時44分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは、エンドツーエンドで暗号化メールをやりとりするための実験的なChromeアプリケーション「E2EMail」をオープンソースとして公開していると発表した。

 政府による監視や他人からの盗み見、中間者攻撃などを警戒している人や、コミュニケーションの安全性を確保する必要のある企業は、エンドツーエンドの暗号化を盗聴を防ぐための手段と考えている。

 すべてのメールサービスプロバイダーがエンドツーエンドの暗号化(PGPによる暗号化がよく知られている)を提供しているわけではないが、米国家安全保障局(NSA)に勤務していた契約社員Edward Snowden氏の暴露で米国政府による大規模な通信傍受活動が明らかになってから、「ProtonMail」「Wire」「WhatsApp」「Signal」など、通信の秘密を守ることをうたったサービスが次々と登場したり、人気を増したりている。

 GoogleのエンジニアであるKB Sriram氏、Eduardo Vela Nava氏、Stephan Somogyi氏は米国時間2月24日、Googleが進めている「End-to-End」の取り組みの一環として、「E2EMail」をオープンソース化しているとブログ記事で述べた。

 E2EMailは、Chromeの拡張機能で、GmailでOpenPGPを利用できるようにする。Googleが開発したJavaScriptの暗号ライブラリを使用している。

 Googleによれば、E2EMailは同社の製品ではなく、さまざまな立場のセキュリティエンジニアの協力があって生まれた「完全にコミュニティ主導のオープンソースプロジェクト」だ。

 現時点では、E2EMailはテスト用に最低限の鍵サーバを使用しているが、2017年1月に公開されたGoogleの「Key Transparency」を使うことで、E2EMailのセキュリティを大きく改善できる可能性があるという。

 「これまでOpenPGPの実装が直面していた有用性の課題で中心にあったのは、鍵の発見と配布の問題だ。Key Transparencyは、堅牢で拡張性が高く、現実的なソリューションであり、これまでPGPで使用されてきた問題の多い『信頼の輪』モデルの代わりとして利用できる」と同氏らは述べている。

 ソースコードはGitHubのリポジトリe2email-org/e2emailで公開されている。


提供:Google

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算