編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
IBM InterConnect

IBM InterConnect 2017開幕--AWS、Azureを強く意識 - (page 2)

末岡洋子

2017-03-21 17:50

AI組み込みとクラウド配分が特徴

 Kenny氏によると、IBM Cloudは1億人を支えており、1.6ペタバイトのデータがあり、APIコールは1410億件に達しているという。「我々はデータを拡張性のある形で動かす方法を熟知している」とKenny氏は胸を貼る。拡張性以外のIBM Cloudの差別化として、次のようなポイントをあげた。

1)正しいワークロードを正しいクラウドに

2)データから価値を得る

3)データのために構築されたクラウド

 1)は、どのオンプレミスのワークロードを継続して使い、どのワークロードをパブリッククラウドに移動するか、比率はどうするか、どのようにして拡張するかなどを考え、パブリッククラウドへの移行を進めると言うIBMのアプローチだ。

 ここでKenny氏は2016年末の「AWS re:Invent 2016」でAWSが「snowmobile」を発表時にトラックが登場したことを暗に示しながら、「我々はトラックで乗り込んで全てのデータをIBMのクラウドに(移行させよ)というつもりはない。我々のクラウドを顧客のデータに近づけたい」とクラウド一色ではないアプローチの違いを見せた。

 関連して、IBMはInterConnectで米Red Hatとの提携も発表している。IBMのプライベートクラウド上でRed Hat OpenStack Platform、Ceph Storageを利用でき(3月末に提供開始)、Red Hatは6月までにRed Hat Cloud AccesをIBM Cloud向けに提供、Red Hatの顧客は使っていないRed Hat Enterprise LinuxサブスクリプションをIBM Cloudデータセンターに動かすことができるというものだ。

 2)については、Watson Data Platformからたくさんのツールを構築しており、必要な時に容易にWatsonのパワーを利用できるとする。上記のKubernetes対応などにより、マイクロサービスを使ってアプリケーションの構築を高速にし、AIで体験を改善できる、とKenny氏は述べた。

 3)はこのところ進めてきたWatson Data PlatformとIBM Cloudのマージにより実現したもので、データサイエンティストのニーズを満たすという。Kenny氏は「他社は自社の検索エンジンやコマースでスタートしたクラウドビジネスだが、IBMのクラウドは顧客のデータが起点」と述べ、顧客が自社データをきちんと所有・管理し、そこから洞察を得られるのがIBMのクラウド、とした。


WatsonとIBM Cloudのマージを進めた。これはIBM Cloudの差別化となる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]