編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

さくら、インメモリの分析サービス提供--1億件を1秒で処理

NO BUDGET

2017-04-07 12:53

 さくらインターネットは、アストロ数理ホールディングスと協業し、大規模売り上げデータを瞬時に処理する分析サービス「さくらのセールスアナリシス powered by アストロ数理ホールディングス」の提供を4月6日から開始した。

 店舗や販売時点情報管理(POS)システムからリアルタイムで集計するレシートなどの売上情報を高速に分析する。1億レコードを約1秒で解析処理できるという分析基盤を利用し、クロス集計やトレンド分析を担う。店舗別商品別の販売実績や顧客層別の販売実績などのレポーティング機能もある。

 分析エンジンには、証券取引所や大手アパレルチェーンなどで25年以上の導入実績があるとしている、アストロ数理のインメモリデータベースシステム「Core Saver」を採用。より詳細なデータ分析、独自の顧客管理や基幹システムの導入などについては別途、アストロ数理が開発することも可能。

 月額利用料金は、上限数が1000万レコードの「1000万レコードプラン」を2万円で提供する(4月30日までは無料)。同プランでは、1店舗あたりの月間売り上げが1700万円規模で10店舗を展開する飲食チェーン店の場合、約3年分の売り上げデータが分析可能だという。

 さくらインターネットは5月に上限レコード数に応じた料金プランを拡充し、分析データをグラフで可視化できるダッシュボード機能を追加する予定。新料金プランは下記の通り。

プラン名レコード上限数月額利用料金
1000万レコードプラン1000万2万円
3000万レコードプラン3000万4万円
5000万レコードプラン5000万6万円
7000万レコードプラン7000万8万円
1億レコードプラン1億10万円
開発中のダッシュボード画面(さくらインターネット提供)
開発中のダッシュボード画面(さくらインターネット提供)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]