MWC 2017

5Gの機運高まる--インダストリー4.0やデジタル変革が後押し - 7/11

末岡洋子

2017-04-14 07:30

 3月2日までスペイン・バルセロナで「Mobile World Congress 2017」が開催された。通信業界のイベントだが、Industrie 4.0や自動運転車といった産業界のトレンドは、無線通信技術なしには成立しない。産業界全体が、より大容量、高速、低遅延が期待される「5G」への期待を寄せており、MWCの重要なテーマとなった。

 5Gは、現在のLTEおよびLTE-Advancedの次の世代の移動通信システムで、2020年に商用化が見込まれているものだ。これまでの世代は主としてコンシューマーが手にする携帯電話に向けたネットワークだったが、5Gでは性質が大きく変わる。モノがつながるIoT時代のネットワークとしての役割が加わるのだ。コネクテッドカーや自動運転、交通システム、電気/水道などのスマートメーター、ヘルスケア、工場、教育など、IoTのユースケースは多数ある。

 もちろん、コンシューマーにも、4K動画をスマートフォンで楽しみたい、動画をソーシャルネットワークで共有したいなどのニーズがあり、モバイル通信に対する需要は高まるばかりだ。このような背景から、5Gの要件として、1000倍の容量、速度は現在の100倍の10Gbps、遅延は1ミリ秒以下、同時接続端末は100倍などが挙がっている。

 このようなトレンドもあり、今年のMWCには10万7000人が来場した。展示エリアにはおなじみのスマートフォンメーカー、通信機器メーカーなどに混じって、SAP、Oracle、VMware、IBM、Dell EMCといったエンタープライズベンダー、BMWやPeugeotといった自動車メーカーもブースを構えた。

 自動車は自動運転に向けた各社間の競争もあってか、5Gや最新のモバイル通信技術のデモにも多数登場した。例えばEricssonのブースでは、5Gネットワークを利用した遠隔運転を見せた。会場から約50キロメートル離れたところにある自動車を会場にあるハンドル、アクセル、ブレーキを利用して運転するというもので、5Gの要件である低遅延がなければ難しいユースケースだ。遅延は、会場のモニターに映る画像のコーディング分の40ミリ秒を含むと、50ミリ秒程度とのことだった。

クラウド一色だったHuaweiのネットワーク事業のブース

Ericssonは5Gに向けたアーキテクチャとして”Global Architecture”を描いている。トランスポート層を土台に、クラウドインフラが乗り、クラウドはエッジコンピューティングとしてアクセス側にも拡大して利用され、その先の無線と固定アクセスは融合する。例えばVerizonは、”Fixed Wireless Access”と言われる固定ワイヤレス拡張での5Gトライアルを行うことを発表しており、モバイルのユースケースでは、China Mobile、NTTドコモなどのトライアルを紹介した。

クラウド一色だったHuaweiのネットワーク事業のブース

Ericssonは5Gに向けたアーキテクチャとして”Global Architecture”を描いている。トランスポート層を土台に、クラウドインフラが乗り、クラウドはエッジコンピューティングとしてアクセス側にも拡大して利用され、その先の無線と固定アクセスは融合する。例えばVerizonは、”Fixed Wireless Access”と言われる固定ワイヤレス拡張での5Gトライアルを行うことを発表しており、モバイルのユースケースでは、China Mobile、NTTドコモなどのトライアルを紹介した。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]