編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

エキサイト、人工知能サービスの基盤にオールフラッシュストレージを採用

NO BUDGET

2017-04-20 13:08

 ポータルサービスなどを提供するエキサイトは、OpenStackのプライベートクラウド基盤にネットアップのオールフラッシュストレージ「SolidFire」を採用した。

 同社は、コスト効率の観点から、パブリッククラウドで全てのサービスを運営するのではなく、自社のインフラとして低コストに利用できるプライベートクラウド基盤の確立を目指していた。これに伴い、2015年頃から本格的にOpenStack導入の検討を開始し、併せてその基盤を支えるストレージシステムについても検討していた。

 SolidFireの導入によりエキサイトでは、膨大なデータを読み書きが必要で、ストレージのI/O要件が厳しい人工知能搭載レコメンドエンジン「wisteria」のパフォーマンスを300%向上させ、パブリッククラウド運用時と比較してインフラ関連コストを50%削減した。


新基盤の概要

 また、従来では専用サーバを必要としていたサービスもOpenStackのプライベートクラウド基盤に統合でき、ストレージ運用負荷を軽減させた。さらに、オールフラッシュストレージ基盤とOpenStackを組み合わせたことで、開発プロセスを自動化、効率化できるようになり、サービスの企画からサービスインまでの期間を短縮できる。

 同プライベートクラウド基盤には、Red Hat OpenStackPlatformが活用され、2016年11月から稼働している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]