編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

SAPと富士通が提携拡大、業種別にデジタル変革をクラウドで支援

ZDNet Japan Staff

2017-06-05 15:55

 SAPと富士通は6月5日、統合基幹業務システム(ERP)の高度活用に向けて協業を強化すると発表した。AI(人工知能)やIoTを活用したよりERPのソリューションを業種別に抵抗する業種特化型のクラウドサービスを共同開発する。

 今回の施策では、「SAP S/4 HANA」や「SAP Leonardo」をベースに、両社が持つAIやIoTの技術を組み合わせ、企業顧客におけるデジタル変革の取り組みを加速させるためのソリューション開発を目指す。富士通の「FUJITSU Cloud Service K5」や、SAPの「SAP Cloud Platform」「SAP HANA Enterprise Cloud」などに対応し、サービス基盤の構築からアプリケーションの開発、運用までを富士通が提供する。

 サービス提供は、2017年下期から製造業向けに日本およびアジア市場で開始し、その後に欧州や北米市場に広げる計画。また、富士通のソフトウェア技術者がSAP本社に常駐して、両社の開発部門間での定常的な技術交流も図るとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]