編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら
松岡功の一言もの申す

AWSが説く「ハイブリッドとクラウドの関係」

松岡功

2017-06-08 11:00

 企業におけるITのクラウド化は今後、ハイブリッド利用が中心になるのか、それともパブリッククラウドへ移行していくのか。Amazon Web Services(AWS)の見解をもとに、筆者も一言申し上げたい。

年ごとに勢いを実感するAWSのイベント


基調講演を行うアマゾンウェブサービスジャパンの長崎忠雄社長

 米AWSの日本法人であるアマゾンウェブサービスジャパンが先週、都内のホテルで年次イベント「AWS Summit Tokyo 2017」を開催し、基調講演で同社の長崎忠雄社長が、AWSクラウドの現状や新たな取り組み、活用事例などについて説明した。

 長崎氏はまず、今回のAWS Summitには2万人以上の登録があり、世界20カ所で同様のイベントを開いている中でも最大規模になったことを挙げ、「それだけ日本において今、クラウドへの移行が活発化している」と強調。筆者も3年続けて取材している中で、ますます勢いがついていることを実感した。

 同氏は企業におけるクラウド利用について、「コスト削減だけでなくイノベーションを起こし続けるプラットフォームになってきている」と説明。クラウドの導入が加速している理由として、「初期費用ゼロ/低価格」「継続的な値下げ」「サイジングからの解放」「商機を逃がさない俊敏性」「最先端の技術やサービス」「いつでも即時/グローバル展開」といったキーワードを挙げた。

 さらに、企業がクラウドで実現する変革として、「ビジネス基盤を強化する」「持たざる戦略で身軽に戦う」「経営課題とIT課題の同時解決」「不測のリスクに備える」「信頼性と安全性を手に入れる」「ハイブリッドなIT組織を作る」の6つをメッセージとして送った。

 これらの詳細については関連記事をご覧いただくとして、ここでは長崎氏の話の中で「これはあらためて認識しておくべき」と筆者が感じたポイントを1つ、挙げておきたい。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]