編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Box、デスクトップ版アプリ「Box Drive」でクラウド移行を促進

Stephanie Condon (Special to ZDNet.com) 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)

2017-06-15 13:14

 Boxは米国時間6月14日、新しいデスクトップ版アプリケーション「Box Drive」をリリースした。同社のクラウド「Box」に保存されたファイルへの、エンタープライズ品質のアクセスを提供する。この製品は、従来のネットワーク共有ドライブによく似たユーザー体験を提供し、企業がようやくレガシーシステムを卒業してクラウドに移行する最終ステップを支援してくれるはずだという。

 Box Driveをインストールすると、コンピュータ上では新しいハードドライブとして表示される。ユーザーは任意のネットワークを利用して、保存されたファイルをスクロールできるが、クリックするまでファイルはダウンロードされない。従来型の同期クライアントでは、マシンの空き領域による制約がある。

 Boxの製品担当バイスプレジデントであるRand Wacker氏は、「大量に保存されたこのような企業情報すべてにアクセスするためには、オフィスで会社のネットワークに接続するか、VPNを介して接続しなければならず、何かと面倒だった」と言う。Box Driveにより、「すべてのセキュリティ機能を自動的かつ透過的に実行するので、数分間を無駄にすることなく仕事に集中できる。ネットワークに接続するだけでいい」(Wacker氏)

 ネットワークドライブには検索機能がないが、Box Driveには独自の検索機能がある。また、Box Driveではファイルへのリンクを共有でき、常に最新のファイルを見ることができる。さらに、Boxのウェブサイトでファイルを開けば、コンピュータに対応するソフトウェアがインストールされていなくても、3D画像など、120種類以上のファイルタイプをプレビューできる。


提供:Getty Images/iStockphoto

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]