編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

広島銀行、RPAの全行適用に向けた実証実験に着手

ZDNet Japan Staff

2017-09-05 17:13

 広島銀行と富士通は9月5日、ソフトウェアのロボットによる業務自動化(RPA)の実証実験を開始した。RPAの全行適用を視野に入れ、2018年1月まで実施するという。

 実証実験では、まずPRAの適用効果が期待できる行内業務を選定し、Kofax JapanのRPAパッケージソフトウェア「Kapow10」をベースにしたソフトウェアロボットを開発する。さらに候補業務における適用効果を測定し、その結果から類似業務にも適用していくためのパターン化や経費面での効果算出を行い、全行展開計画を取りまとめることにしている。

 富士通は、少子高齢化やワークライフバランス化に伴う労働時間削減を目的に、人間の業務をソフトウェアロボットで補完、代替する企業の需要が高まっていると説明。広島銀行は、RPAの全面導入で抜本的な業務効率化を図ることにしている。

広島銀行におけるRPA全行導入に向けた実験の概要(出典:富士通)''
広島銀行におけるRPA全行導入に向けた実験の概要(出典:富士通)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]