編集部からのお知らせ
オススメ記事選集PDF:「ジョブ型」へのシフト
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

内閣府「マイナポータル」の電子申請、6カ月で稼働--「Community Cloud」採用

NO BUDGET

2017-09-26 14:52

 内閣府は、2017年秋以降の本格稼働を予定しているウェブサービス「マイナポータル」の電子申請機能「ぴったりサービス」の基盤にクラウドを採用した。セールスフォース・ドットコムが9月21日に発表した。

 内閣府が提供するマイナポータルは、行政の効率化や国民の利便性向上、公平公正な社会の実現を理念としたマイナンバー制度にもとづいて構築されたウェブサービス。ぴったりサービスでは、日本全国1741もの地方公共団体が提供する電子申請サービスを横断的に検索し、比較しながら申請できる。

 まずは行政サービスとしてニーズの高い子育て分野を皮切りに、引っ越しや介護など、順次サービスを拡大していくことを予定しているという。SNSなどで提供される民間サービスとぴったりサービスをAPI連携させることも検討されており、官民一体の新たなサービスが期待される。

 ぴったりサービスの構築では、刻々と変化する国民のニーズや技術動向へ柔軟かつスピーディに対応できるアジリティの高いプラットフォームが求められていた。そのため、内閣官房は、システムをクラウド上に構築することを決定し、俊敏性が高いSalesforceとアジャイル型開発手法を組み合わせたことで、契約から稼働開始までわずか6カ月という短い期間でこれを実現させたという。

 ぴったりサービスを構成する地方公共団体のサービス登録や電子申請の受付は「Salesforce Community Cloud」、地方公共団体からの問い合わせ管理は「Salesforce Service Cloud」、電子申請入力機能と入力フォームの標準化機能、サービスデータベースは「Salesforce Platform」が活用されている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]