エリック松永のデジタルIQ道場

デジタルIQを高めよう--ARPANETからミレニアル世代へ

松永 エリック・匡史 2017年10月11日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 話題のデジタル。デジタルマーケティング、デザイン思考、クリエイティブ、ブロックチェーン、デジタルトランスフォーメーション、IoTーー。デジタルを連想させる言葉には枚挙にいとまがありません。

 デジタルとは、最新のテクノロジなのかデザイナーが創造する芸術の領域なのか、この講座ではデジタルをさまざまな視点から深掘りし、皆さんと一緒にデジタルIQを高めていきたいと思います。

デジタルの定義

 身近にはびこるデジタルという言葉。意外ときちんとデジタルの言葉そのものについて考えたことはないのではないでしょうか?

 そもそもデジタルとは、連続量を表すアナログと反対の概念であり、とびとびの値で示される離散量のことを指します。分かりやすく言えば、なだらかな曲線ではなく、カクカクのロボットのようにカクカクした形のイメージです。

 コンピュータのプログラムは二進コードで構成されています。全てのデータや命令を二進コード、つまり0と1でカクカクした世界で全てが表現されるのです。

 つまりコンピュータはデジタルであると言えます。でも、対象がカクカクした連続量で表現されなければ最新のテクノロジを使っていてもデジタルとは言えないのです。

そろばんがデジタル?

 そういう意味では、On、Offで表現される“そろばん”はデジタルなんですね。デジタルは最新のテクノロジというイメージは間違いという事です。そろばんからデジタルの起源を考えると、古代バビロニアで十進法の数字が誕生して、古代バビロニアでそろばんの起源とも言われるアバカスが発明されたのが紀元前2000年頃。デジタルの起源は、紀元前2000年!

 悪ノリが過ぎました……。そろばんは、さておき(笑)コンピュータがデジタル的なイメージを喚起するのは異論がないはず。では、デジタルの起源を探しにコンピュータの歴史を振り返って見ましょう。世界初のコンピュータである、1万7468本の真空管からなるENIACが完成されたのは1946年。

 データの二進法をコンピュータ上で実現する二極真空管までさかのぼると、1905年 の John Fleming(ジョン・フレミング)まで行き着きます。ライト兄弟が人類初の動力飛行に成功したのが1903年ですので、さすがに今のデジタルとは連想ゲームですら追いつかない。

 デジタルをあまり真剣に定義しようとすると、テクノロジの歴史そのものになってしまいますね。コンピュータ=デジタルではあるものの、コンピュータそのものがデジタルの全体像ではないようです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算