編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

SAP、IoT向けブロックチェーンの開発パートナーを発表

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)

2017-09-28 11:34

 SAPは米国時間9月26日、ブロックチェーンに関する計画を示し、システムを共同開発するパートナーを明らかにした。NetAppやCapgemini、HCL Technologies、Deloitteなどが含まれる。

 SAPの狙いは、自社のBlockchain as a Service(BaaS:サービスとしてのブロックチェーン)プラットフォームを、モノのインターネット(IoT)と製造業およびデジタルサプライチェーン向けの製品を統合したものにすることだ。同社はこの取り組みを進めるため、技術革新を共に進めるパートナーと協力して、ユースケースを検証し、ブロックチェーンを利用するビジネスモデルを構築するという手法を取る。

 SAPのブロックチェーン技術は、デジタルイノベーションシステム「Leonardo」の一部だ。SAPの説明によると、Leonardoとは、SAP Cloud Platform上で、機械学習やIoT、ビッグデータ、アナリティクス、ブロックチェーンに関する、他と一線を画するソフトウェア機能を統合する手段だという。

 共同イノベーションプログラムのほかに、SAPは、「Leonardo Blockchain Early Access」プログラムの登録も開始する。このプログラムに参加すると、標準的なSAPの製品にブロックチェーン機能が加わった製品を利用できる。

 SAPは、25日からラスベガスで開催中の「SAP TechEd」イベントで、このほかにもいくつかの発表を行った。「Digital Boardroom」「Lumira」「SAP Analytics Cloud」など、数種類のアナリティクス製品をアップデートしたという。

また、SAP Cloud Platformは、新しいビジネスサービスやデジタル体験サービス、製品機能、戦略的提携などによってアップデートされた。同プラットフォームで利用できる「S/4HANA Cloud SDK」も提供を開始した。このSDKは、パートナーや独立系ソフトウェア開発会社に対して、SAPのクラウドでアプリケーションを開発するよう促すのが目的だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]