編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」
エリック松永のデジタルIQ道場

デジタルIQを高めよう--ARPANETからミレニアル世代へ(1) - (page 3)

松永 エリック・匡史

2017-10-11 08:00

ミレニアル世代

 本格的なパーソナルコンピユータの時代をApple IIとすると1977年、そして商用インターネットの開始が1987年を背景とし幼少期からパーソナルコンピュータでインターネットを使える環境にいる事ができた最初の世代(デジタルネイティブとも呼ばれる)をミレニアル世代と呼んでいます。

 1年単位で厳密に定義する必要はないと思うのですが参考まで米国ピュー・リサーチ・センターによればミレニアル世代は1981年から1996年に生まれた人々と定義されていますが、だいたい1980年以降に生まれた世代と定義している方が多いようです。要は、物心がついた時からコンピュータとインターネットが普通にあり恐怖感、違和感なく使いこなす世代というわけです。

 ところで、生まれながらのパソコン&ネット世代って、デジタルネイティブって言いませんでしたっけ? 

 デジタルネイティブは、Marc Prenskyが2001年に出版された著書"Digital Natives, Digital Immigrants"内で定義した呼称で、生まれながらにITに親しんでいる世代をデジタルネイティブ、IT普及以前に生まれてITを身につけようと頑張る世代をデジタルイミグラント と呼びます。デジタルネイティブは、ミレニアル世代と同じ世代と特徴を示していると考えて間違いなさそうです。

 今回は、デジタルをコンピュータ、インターネットというテクノロジの視点から考えてみました。次回は人を中心に、ミレニアル世代の特徴からデジタルIQを高めていきましょう!!!

Peace out,

松永 エリック・匡史
青山学院大学 地球社会共生学部 教授

アバナード株式会社 デジタル最高顧問
青山学院大学国際政治経済学研究科修士課程修了
イノベーションをリードするデジタルコンサルティングの草分けであり、バークリー音楽大学出身のプロミュージシャンという異色の経歴を持つアーティストとしても活躍。コンサルタントとして、アクセンチュア、野村総合研究所、日本IBM、デロイト トーマツ コンサルティング メディアセクターアジア統括パートナー(執行役員)、PwCコンサルティング合同会社 デジタルサービス日本統括パートナーを経て現職。近書は「外資系トップコンサルタントが教える”英文履歴書完全マニュアル”」。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]