編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

1800社が利用するクラウド人事のワークデイ--PaaSやDaaSを発表 - (page 3)

末岡洋子

2017-10-16 07:30

新しいチャプター”PaaSにも拡大ーー

 Risingでの最大の発表は、「Workday Cloud Platform」だろう。Workdayのプラットフォーム化となり、パートナーや顧客、ISVはこれを土台に拡張機能や新しいアプリケーションを構築できるPaaSサービスだ。Salesforce.comの「Force.com」と同じ種類のものだ。Bhusri氏は「新しいチャプター(章)」と位置付けている。

 Workday Cloud Platformを説明したチーフテクノロジーアーキテクトのJon Ruggiero氏によると、RESTful APIを利用してWorkdayのコンポーネントにアクセスし、開発者は自分の好きなツールセットを利用して拡張できる。インフラはWorkdayのPlatform Servicesに加え、AWSなどのサービスを利用できる(リファレンスアーキテクチャを提供するとのこと)。機械学習アリゴリズム、統計モデル、異常検出、レコメンデーションなどの機能があり、連携するように設計されているという。

 まずはSIなどのパートナー企業による拡張を支援し、その後ISVによるアプリケーション構築に拡大するという。既に製造業が自社のナレッジベースとWorkdayとを統合した統合従業員向けのポータルを構築するなどの開発が始まっている。

 このようなパーソナライズ、クロスアプリケーションワークフローなどに加え、業界固有の拡張にも期待を寄せた。

 Workday Cloud Platformはデザインパートナー(早期顧客)向けの提供を開始した段階で、一般提供は2018年の予定としている。


「Workday Cloud Platform」の画面例

WorkdayチーフテクノロジーアーキテクトのJon Ruggiero氏

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]