1800社が利用するクラウド人事のワークデイ--PaaSやDaaSを発表 - (page 3)

末岡洋子

2017-10-16 07:30

新しいチャプター”PaaSにも拡大ーー

 Risingでの最大の発表は、「Workday Cloud Platform」だろう。Workdayのプラットフォーム化となり、パートナーや顧客、ISVはこれを土台に拡張機能や新しいアプリケーションを構築できるPaaSサービスだ。Salesforce.comの「Force.com」と同じ種類のものだ。Bhusri氏は「新しいチャプター(章)」と位置付けている。

 Workday Cloud Platformを説明したチーフテクノロジーアーキテクトのJon Ruggiero氏によると、RESTful APIを利用してWorkdayのコンポーネントにアクセスし、開発者は自分の好きなツールセットを利用して拡張できる。インフラはWorkdayのPlatform Servicesに加え、AWSなどのサービスを利用できる(リファレンスアーキテクチャを提供するとのこと)。機械学習アリゴリズム、統計モデル、異常検出、レコメンデーションなどの機能があり、連携するように設計されているという。

 まずはSIなどのパートナー企業による拡張を支援し、その後ISVによるアプリケーション構築に拡大するという。既に製造業が自社のナレッジベースとWorkdayとを統合した統合従業員向けのポータルを構築するなどの開発が始まっている。

 このようなパーソナライズ、クロスアプリケーションワークフローなどに加え、業界固有の拡張にも期待を寄せた。

 Workday Cloud Platformはデザインパートナー(早期顧客)向けの提供を開始した段階で、一般提供は2018年の予定としている。


「Workday Cloud Platform」の画面例

WorkdayチーフテクノロジーアーキテクトのJon Ruggiero氏

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]