編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

1800社が利用するクラウド人事のワークデイ--PaaSやDaaSを発表

末岡洋子

2017-10-16 07:30

 クラウド人事アプリケーションのWorkdayは10月9日から3日間、米シカゴで年次ユーザーカンファレンス「Workday Rising 2017」を開催した。クラウド人事の草分け的存在の同社だが、PaaSの「Workday Cloud Platform」、アナリティクス「Workday PRISM」、データクラウド「Workday Data as a Service」が大きなニュースとなった。SaaSベンダーからの拡大が始まったと言えそうだ。

HCMだけじゃない、財務、プランニングなども揃えるWorkday

 WorkdayはPeopleSoftの創業者であるAneel Bhusri氏とDavidDuffield氏が2005年に立ち上げた人事のSaaSカンパニー。Fortune500の150社を含む1800社が利用しており、エンドユーザー数は2600万人を数える。Risingは今年で11回目、約8500人が参加した。日本企業では日産自動車、日立製作所、ファーストリテイリングなどが名を連ねる。

 10日の基調講演に登場した共同創業者で最高経営責任者(CEO)のBhusri氏は、集まった顧客に対し顧客満足度が98%であることを発表した。「ユーザーが少しでも良く仕事ができ、ハッピーになるものを」と述べ、Workdayの製品攻略のポリシをAppleになぞらえた。AppleのSteve Jobs氏が「クリエイティビティと技術を結びつけた」ように、Workdayは「ビジネスのトレンドと技術のイノベーションが交差するところを探っている」とBhusri氏。


Workdayの共同創業者でCEOを務めるAneel Bhusri氏

 ビジネスのトレンドとしては、グローバル化、規制、職場の変化などを挙げ、技術イノベーションではクラウド、モバイル、ビックデータ、動画、コラボレーション、機械学習、AIなどを挙げた。Bhusri氏が合わせて挙げたのが、Amazon、Facebook、Netflix、Googleといったコンシューマーインターネット企業だ。

 「Workdayのクラウドプラットフォームはコンシューマーインターネットと同じように進化してきた」とBhusri氏。具体的には、マルチテナント、セキュリティ、コンシューマー向けのユーザーインターフェイス、ワークフローの4つの特徴を挙げた。例えばWorkdayの新しいモジュールとなるラーニングでの動画の活用はその一例だという。

 WorkdayはHCM(Human Capital Management)でスタートし、2008年には財務・会計管理「Workday Financial Management」、2016年にはプランニング・予算管理「Workday Planning」それに高等教育向けの学生情報管理「Workday Student」と拡大してきた。企業は業種業態に関係なく「プラン」「実行」「分析」を回しており、これを支援するとBhusri氏は拡大戦略のポリシーを説明する。Bhusri氏は「今日の問題に応え、将来も使える(future proof)システム」と胸を張る。


Workdayは、企業のプラン、実行、分析サイクルに合わせた製品を揃える。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]