「Google Cloud Spanner」がマルチリージョンに対応

ZDNET Japan Staff

2017-11-16 16:33

 Googleのグローバルな分散データベース「Cloud Spanner」がマルチリージョンに対応した。Cloud Spannerは、同社の主要な事業である「Google AdWords」などのシステムで利用されている。

 Cloud Spannerは、Googleのリレーショナルトランザクションデータベースのマネージドサービスとなる。NoSQLデータベースの持つグローバルな拡張性と可用性を備えるが、リレーショナルデータベースに必要な一貫性、永続性、SQLのサポートを実現している。

 マルチリージョンに対応することで、障害への耐性と、データベースから顧客へデータを送る際の遅延の低減を実現し、顧客にワークロードを分散することによるメリットをもたらす。データをエンドユーザーの近くに置くことで、ユーザーにさらに優れたエクスペリエンスを提供できるようになる。

 さらに、Cloud Spannerのワークロードには99.999%の可用性を保証し、定期的なダウンタイムもなくなる。つまり顧客のデータベースは、停止時間が年に5分以下となることが保証される。

 この機能は、Googleがクラウド市場でMicrosoftやAmazon Web Services(AWS)といった企業と競争していくための重要な一歩となる。

Google Cloud Spanner

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]