編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

マイクロソフト、CPUの脆弱性問題で緩和策を緊急公開

ZDNet Japan Staff

2018-01-04 18:31

 Intelなどの多数のCPUに影響する脆弱性「Meltdown」と「Spectre」が報告された問題で米Microsoftは1月3日、脆弱性の影響を緩和するセキュリティ更新プログラムを緊急リリースした。

 Microsoft Edge チーム プリンシパル PM リードのJohn Hazen氏は、同日付のブログで、ブラウザで実行されるJavaScriptコードを用いて脆弱性を悪用することが可能だと説明。今回の緩和策ではEdgeブラウザとInternet Explorer 11の動作に関して2つの変更を加え、攻撃者が脆弱性を利用してコンピュータのメモリからデータを盗み取ることを困難にする措置を講じたとしている。

 同社は引き続き脆弱性の影響を評価し、必要に応じて今後のサービスリリースで追加の緩和策を導入するという。

 今回のセキュリティ更新プログラムは、一部のウイルス対策ソフトとの間に互換性の問題があり、適用することでブルースクリーン状態に陥る恐れがある。このため、Windows Update経由での提供は、問題のないウイルス対策ソフトを導入しているOS環境に限定している。事前に検証可能な場合は、Microsoft Update カタログからOS環境に応じたアップデートを入手する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]