編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧
ハードから読み解くITトレンド放談

スマートフォンからサーバへ進出するARMプロセッサ(前編) - (page 4)

山本雅史

2018-01-18 06:00

 これ以外としては、2016年12月にARM社を買収したソフトバンクが、クラウド事業者の米Packet Hostが提供しているベアメタルのARMサーバを、日本のデータセンターで提供すると発表している。Packet HostのベアメタルARMサーバは、Caviumの「ThunderX」(1プロセッサ当たり48物理コア、2GHz)×2プロセッサという構成だ。

 また、スーパーコンピュータ「京」の後継機が2022年頃をターゲットに開発されている。京の後継機は、7nmプロセスのARMプロセッサを使用するようだ(開発は富士通)。パフォーマンスとしては、1秒当たり1エクサ(Exa=京の100倍)の処理に挑戦する。京の後継機は、高いパフォーマンスよりも、処理性能と消費電力のバランスが取れたシステムになる(京の100倍以上の性能を実現し、消費電力は京の3~4倍)。


ポスト京のターゲットは2020年だが、プロセッサの製造に7nmプロセスを使用するため、当初計画から2~3年完成が遅れるといわれている(理化学研究所サイトより)

 さらに、HPEが2020年をめどに開発を進めている「The Machine」は、プロセッサとしてARMのSoC(System on Chip)プロセッサを使用している。実際、2017年5月に発表された検証サーバには、Caviumの「ThunderX2」という64ビットARMプロセッサが採用された。

 ThunderX2は、モデルにより異なるが、24~48コアを搭載する。The Machineの検証サーバではThunderX2を40ノード接続し、メモリとしては160TBの共有メモリプールを実現している。最大48コアが40ノードとすれば、1920コアを持つ超巨大サーバになる。

 現状は検証サーバであるため、将来的にThe Machineがリリースされる頃には、数万コアを持つサーバが実現されるかもしれない。ARMプロセッサの低消費電力性を生かして、これだけのパフォーマンスもつサーバが現在のデータセンターで、電力の増強なしに動作するようになるだろう。


HPEが2020年に完成させようとしている新しいサーバのコンセプトが「The Machine」だ(HPE資料より)

The Machineは大量の不揮発メモリを搭載し、HDDなどのストレージを使わずデータを全てオンメモリ上に搭載して処理する

プロセッサはSoC化され、フォトニックインターフェースで、大量の不揮発メモリと接続される

プロセッサはARMのカスタムSoCを使用するようだ

OSはThe Machine用に開発されたLinuxを利用している

 後編では、サーバ向けに具体化しているQualcommのARMプロセッサや将来性を解説する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]